タグ : wide撮影

金のボロカサゴ


久しぶりの柏島は、12月というのに凪に近い状態で最高の海況です。
長い間、後浜に金色のボロカサゴがいるという事で撮影してきました。
水深も深く、ここまで明るくなかったですが、8-15㎜で撮影するとよい感じに仕上がります。

Photo Date
ボロカサゴ:柏島 -30m
EF8-15mm F4L fisheye USM


サケの産卵場所

サケの湧水確認

今年はニュースにもなるぐらいのサケの不漁の年のようです。
4年前、初めてこの河川に撮影に行った際も、不漁の年で遡上数があまりなく、撮影に苦労した年でした。
今年は山口が死骸しか確認できなかったので、1日だけ島根に行ってきましたが、産卵場所が狭く、雄雌入り乱れて邪魔をしあって産卵までいたらりませんでした。
産卵は水が湧き出る場所でするために、例年、同じ場所で産卵しています。
その湧水を嗅ぎ分けて見つけるサケの雌の行動です。

Photo Date
シロサケの産卵場所:江の川水系 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF17-40mm F4L


2日がかりの産卵

ゴギの産卵

前記事からの続きのゴギのペア。
産卵も近いと思ったが、思いのほかてこづっているようで何度もメスが床を叩いていて、結局、産卵までいたらずに、気づけば日暮れとなってしまった。
翌日に夜明けに前に現地に向着くと、産卵床がそのままだったので2日目の撮影に入り、お昼頃にようやく産んでくれた。
イワナの産卵は2日かかる事も多いみたいで、撮影者泣かせの被写体だ。 

Photo Date
ゴギの産卵:錦川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ゴギの産卵床作り

ゴギの産卵床作り

季節は慌ただしく変わってゆきます。
サツキマス・アマゴの産卵が終わると、ゴギの季節がやってくる。
紅葉した落ち葉が流れる中、産卵床作りにいそしむゴギの雌です。

Photo Date
ゴギの産卵床作り:錦川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


不発の産卵行動

不発の産卵行動

実に興味深い行動です。
何回かに分けて産卵するサツキマスですが、最後には卵も出てこず、産卵のポーズだけで終わる事がシーズン終盤に見られます。
一連の動行動は同じく、産卵床を作り、雄がタイミングを合わせるのですが、放精はせずに卵は産み落とされておりません。
産んでいないのですが、産卵床を埋め戻す行動にはいります。

Photo Date
サツキマス 不発の産卵行動:瀬戸内海流入河川 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


サツキマスの季節

サツキマス

今年は長雨が続いて、水位も高さを保ったままサツキマスの産卵の時期が近くなってきました。
例年通り、大きな淵を覗きに行くと30匹程のサツキマスが群れていました。
水深も深く、まだ水も濁っていますが、産卵前に透明度が上がってくればタンクを用意して撮影に行ってみようと思います。

Photo Date
サツキマスの群れ:瀬戸内海流入河川 -3m
Sony α7RⅡ
EF8-15mm F4L fisheye USM