タグ : wide撮影

ゴマフエダイyg

 

 


河口域のダイビングは、底付近は塩水、水面付近は川の真水と分かれてる為に上がる時に淡水を通るので体はベトベトせず、水面は冷たいですが、海水域は水温も高いので意外と快適に潜れます。
あと、四万十川は下流域なのに、上がった後の川水の独特の匂いがほぼないので水質も良いのでしょうかねー。

見慣れない魚が多く見れる汽水域のダイビングは嵌りそうなのですが、山口の瀬戸内海の大きな川の河口域には軒並み化学工場があるので、あの海に入る勇気はかなりいりそうです・・・。

今日の写真はゴマフエダイ。
この水域では一際目立った体色をしていて、この魚もどちらかといえば釣り師に人達になじみがあるようです。
2枚目は四万十川の水中から見た朝焼けで、ケモクラインの向こう側に見える風景はとても新鮮でした。

Photo Date
ゴマフエダイの幼魚:四万十川 -5m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS
EF20mm F2.8 USM


サツキマス

 

 

 


以前、広島県でサツキマスの産卵を撮影しに行った事があるのですが、
すでに時期が終わっていて、いつかはまた・・・と思っていたサツキマスです。

渓流魚のアマゴが海に降って遡上してくるのをサツキマスといいます。
ヤマメの場合はサクラマスです。
ここの川は水深も浅く、川幅も狭い為に逃げる事ができないで3枚目のように岩にまとめて隠れてます。
産卵まではもう少し時間がありますが、程よい色に染まってました。
2枚目の写真は30cm程の個体なのですが、パーマーク(体側面の模様)が残っていて大型のアマゴなのかもしれません。
プレッシャーを与えて逃げても少し離れるとこの場所に戻ってくるので、時間を掛けて寄る事ができるのですが、水流が強すぎて自分自身がこれ以上寄れない状態でした(笑
あと1ヶ月もすると産卵が始まるので、産卵できそうな所をリサーチしつつ撮影に挑戦してみたいと思います。

Photo Date
サツキマス,アマゴ(2枚目):錦川支流
Canon Eos 5D markⅡ
EF 20mm F2.8 USM


オオサンショウウオ【島根】


明日、明後日は、ノーチラスさんと中国山地にはいってサンショウウオの撮影に行ってきます。
オオサンショウウオもいるのですが、流水性の小型サンショウウオが今回のターゲットです。
無事に見つかるといいのですが (^―^)

Photo Date
オオサンショウウオ:中国山地 -40cm
Canon Eos 30D
AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5


早朝の青海島


台風が二つ出た時にはどうしようとおもいましたが、お互い弾けて西へ東へ移動しているようです。
週末にかけて太平洋側も日本海側も荒れそうな感じですが、鹿児島の錦江湾はまったくもって問題ないようです。
今夜出発して、明日、明後日と潜ってきます (^―^)ノ

早朝の青海島船越湾内をシュノーケルで撮影した時の写真です。
太陽の光が斜めからはいって海草畑が綺麗でした。

Canon Eos 5D markⅡ
EF20mm F2.8 USM


ホウセキキントキ


やっと忙しい日々も終了。
さぁ鹿児島遠征だーっと天気図を見ると台風が二つ・・・これは危険かも(´ェ`*)
今年も中止になると2年連続で錦江湾に潜れないぞぉぉ。

写真は柏島の後浜。
ゴロタ石がつらなる斜面にホウセキキントキが群れていました。
ふー夏はやっぱり青い海にもぐりたい!

Photo Date
ホウセキキントキ:柏島 -15m
Canon Eos 30D
AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5


海上アルプス 青海島

 

 


海上アルプスといわれる地形に富んだ青海島の夜明けです。
この日は早朝のみ雲が多かったので、次はすっきりとした空の夜明けを撮りにいきたいものです。
1枚目の真下ではないのですが、海中も見応えのある地形が広がっています。

Photo Date
青海島の海上&水中の風景
Canon Eos 5D markⅡ
EF20mm F2.8 USM