タグ : wide撮影

スナヤツメの産卵の瞬間


今年は色々と繁殖期が遅れ気味の撮影が続きましたが、4月下旬に入りスナヤツメは順調に産卵しておりました。
浅場で多数で産卵床作りをしていた集団を狙い、じっくり観察しながらの撮影です。
産卵床を掘り終えるとメスが石に張り付いて産卵の準備に入り、オスが卵を絞り出すようにメスに巻き付き産卵をします。
写真は絞り出された卵が見え、このタイミングの少し後には、小粒の卵が舞い上がるのも観察できます。

Photo Date
スナヤツメの産卵:瀬戸内海流入河川-0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


佐波川水系 ウグイの産卵


錦川水系のウグイの産卵があまり大規模な場所が見つからないので、隣の佐波川水系に撮影に行ってきました。
気温も上がり、一昨日の大雨の後で一気に遡上してきて産卵に入ったようです。
少し水位が高いので、もう少し水位が下がった頃に見に行こうと思いっています。

Photo Date
ウグイの産卵:佐波川水系 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM

Sony α7RⅡ
FE28mm F2 + SEL075UWC


ニホンヒキガエル 蛙合戦


前回の撮影から3日後です。
かなり雪が降ったようで、いたるところに残雪がみられました。
寒い中、すくないメスが産卵場所に来たようで、一匹のメスを巡って6,7匹のオスが奪い合う蛙合戦が始まりました。
メスの姿が確認できない程、周りをオスに抱きつかれています。

Photo Date
ニホンヒキガエルの蛙合戦:錦川水系 -0.3m
Sony α7RⅡ
FE28mm F2 + SEL075UWC


産卵直前のヒキガエル


例年は産卵が始まっている時期ですが、今年は寒さも長引いたようで、産卵地には数匹のオスのみが待機していました。
撮影日も雪がちらつきだしたので、産卵が始まるまでにはもう少しかかりそうです。

Photo Date
ヒキガエル:錦川水系 -0.3m
Sony α7RⅡ
FE28mm F2 + SEL075UWC


深場のワカヨウジ


あっという間に1月が終わってしまいました。
忙しさと寒さを理由に中々フィールドに出る機会がありません。
春が待ち遠しいです(笑

柏島で好きな場所の一つです。
光があまり届かない、水深45m付近のガレ場に広がるソフトコーラル畑にワカヨウジを見つけました。

Photo Date
ワカヨウジ:柏島 -45m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


瀬戸内海のタチウオ



明けましておめでとうございます。
ペースが落ちてきましたが、本年もマイペースで更新を続けていきますので、宜しくお願い致します。

年末に、12月から好調と聞いていた、周防大島でのタチウオ撮影に行ってきました。
瀬戸内の濁り気味の透明度に浮遊物、鏡のようなタチウオのボディをストロボで撮影するには高度な技術が必要となります。

※ 1/5 再度撮影に行った写真を2枚目に追加。
水温が1度下がって、タチウオの泳ぎも追えるぐらいに少し活性が鈍ってきた感じでした。

Photo Date
タチウオ:屋代島 -8m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM