タグ : wide撮影

ハタンポの群れ

ハタンポの群れ

浅場の岩場付近一帯にむれていたハタンポの群れ。
入り組んだ岩場地帯はそれだけで絵になります。

Photo Date
ハタンポの群れ:柏島 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


キンギョハナダイの群れ

キンギョハナダイの群れ

今年初の柏島は「大月町 海のフォトフェスティバルin柏島 2015」に合わせて島入りです。
フェスティバルの規模としてはかなり大きなイベントで大盛り上がりのなか、日曜からは久々の太平洋を堪能しました。
余り透明度はよくなかったのですが、それなりに悪くないと感じるのも、普段が緑の海が多いからか…。
そんな海ですがキンギョハナダイは元気にたくさん群れていました。

Photo Date
キンギョハナダイの群れ:柏島 -10m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ネンブツダイの群れ

ネンブツダイの群れ

竹野のイベント後にホームの青海島で潜ってきました。
船越側は残念ながらウネリ + 濁りの悪い状況でして、オオカズナギも今一つでしたが、その奥には多くのネンブツダイが群れてました。
ワカメもまだまだ元気で絵になります。

Photo Date
ネンブツダイの群れ:青海島 -8m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


佐賀の水路

佐賀の水路

ムツゴロウを撮影するまで、佐賀の水路を散策してみた。
ピンポイントで場所を教えて頂いていたので迷わずカメラをつけたのですが、
道行く散歩の人がこの川は魚が少なくてねぇと・・・。
確かに陸から見るとあまり魚影は見当たらないのだが、水草の隙間にタナゴらしき姿がチラホラしていました。
サギなどから身を守るために、小魚たちもなるべく目立たないような姿になっているので、
人間はさらに見つけにくいのでしょうね。
水中は見事な魚影でした。

バラタナゴ、カゼトゲタナゴ、アブラボテ、カワムツ、オイカワ、イトモロコ・・・。

Photo Date
佐賀の水路:筑後川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


有明海の干潟

ムツゴロウシオマネキトビハゼ

今年も有明海のムツゴロウを撮影しに行ってきました。
初日は何故なのか?潮位の割に引きが悪く干潟が少な目でしたが、翌日は天気も引き具合よく一面に干潟が広がってました。
他の撮影者もほぼ居なかったので、ワイドレンズでの撮影に挑戦してみました。
24㎜での撮影ですが、もうひと寄りしたい所です。
しかしジャンプにピントを合わせるのが難しいですね…。

Photo Date
有明海の干潟:有明海流入河川河口部
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


ヤツデイカの幼体

ヤツデイカ

2年ぶりに青海島の海岸に現れた、ヤツデイカの幼体です。
かなり小さく、まだ3~4Cmしかない個体でしたが、目の周りに不思議な色合い見えます。
今年は水温のなのか?潮流なのか?、今一つだったのですが、台風の南風がしっかりと湧昇流を起こしてくれたようです。

Photo Date
ヤツデイカの幼体:m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM