タグ : EF8-15mm F4L fisheye USM

道南地方のオショロコマ

湧水河川湧水河川とオショロコマオショロコマの産卵場所落ち込みに群れるオショロコマ

道南地方のオショロコマ。
落ち込みに沢山のオショロコマが群れていて、その少し下流には産卵床の様な掘れた跡が見られました。
産卵期前に若いオショロコマが産卵床を作る練習をしているそうです。

これから寒くなって雪も積もる季節に、ここで産卵が行われる姿をいつか見てみたいですね~。

Photo Date
道南地方のオショロコマ:道南地方河川 -50cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


道南地方のサケ

夕暮れの羊蹄山1mクラスの雄のサケサケのペアじゃれあう?サケのペア

今回は羊蹄山の麓を拠点に西へ東へ移動して撮影をしてきました。

その移動途中の川にぽっと入ってもサケが撮影できてしまう環境はすばらしいです。
千歳の街中もすすきのの街中でも川に入ればサケが撮影できるというのでうらやましい限りです。
ちょっとこの河川は白濁がひどかったのですが、中国地方では見れないような巨大なサケを目の前にひと時の撮影を楽しみました。
他の狙い魚がいたのですが、気づけば正午に・・・次の撮影場所に移動です。

Photo Date
羊蹄山とサケ:道南地方 -30cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF17-40mm F4L 【風景】
EF8-15mm F4L fisheye USM 【水中】


サツキマスの産卵 2013

サツキマスの産卵サツキマスとアマゴのペアサツキマスの産卵産卵後のサツキマス

北海道へ遠征していた為に撮影機材が輸送中でサツキマスの産卵のピークには間に合いませんでしたが、なんとか終盤の産卵だけは写真に収められました。
フィッシュアイを使ってみたのですが、透明度が良くて奥行きもありますが、迫力にちょっと欠けますね・・・。
2枚目は下流の方でサツキとアマゴがペアになっていたシーンです。
台風後にもう一度ぐらい見に行ってみたいと思ってます。

Photo Date
サツキマスの産卵とアマゴとのペア:錦川 -50cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


オショロコマの国

道南の湧水河川道南の湧水河川南限のオショロコマ南限のオショロコマ

15年ぶりに北の地 北海道を訪れました。

支笏湖で北の食を堪能しながら、翌日の天候により行き先を決めようという、北海道らしいのんびりスタイル。
十勝方面の被写体の河川は雪が深く、当初一番の目的であった南限のオショロコマを撮影しに道南地方に向かいます。
そして、紹介していただいた、撮影地に顔をつけると想像を超える水中の世界が広がっていました。
低水温でしか生きられない湧水河川はオショロコマの南方の楽園です。

Photo Date
湧水河川と南限のオショロコマ: -50cm
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL  【3枚目】
EF8-15mm F4L fisheye USM    【1.2.4枚目】


鼻曲がり

錦川のサツキマス錦川のサツキマス

本当に今年は纏まった雨が降らない。
降れば局地的な豪雨でひと時は川は増水するも、断続的に降らないことですぐに水位は下がってしまって支流では瀬切れしてる所が沢山出てきています。
錦川もそろそろ産卵を控えたサツキマス達が集まってるだろうと、いつもの支流に行くも水位が低すぎて、魚影すら確認できず・・・。
車で走っていると本流の方の深い淵に赤いサツキマスが見えたので、水深もあるのでタンクをつけて潜ってみると20匹弱のサツキマスが集まっていました。
ただ苔だらけで川も濁り気味と写真はいまひとつ (⌒_⌒;
サツキマスの群れはすぐに護岸の下のオーバーハングに隠れてしまい、いったん戻って遠方から撮影にきている友人に場所を伝えて撮影してもらい、その間に川を遡上してみると、そこそこ大きい瀬にはサツキマスの姿が見られました。

雄は鼻も立派に曲がって産卵直前なのでしょうが、このまま雨が降らないと産卵場所はどうなるのか心配です・・・。

Photo Date
錦川 雄のサツキマス:-0.5~3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM