タグ : EF8-15mm F4L fisheye USM

熊本市内の水辺 その弐

セボシタビラの雄 婚姻色イチモンジタナゴ他コイ

熊本市内の水辺の続編です。
湧水河川での撮影はやっぱり透明度が抜群なので気持ちのよい写真になります。
国内移入種ではありますが、もうそろそろイチモンジタナゴもそろそろよい色を出す時期でしょうか。
4月にもう一度、熊本の地を訪れてみようかと計画しています。

Photo Date
1枚目セボシタビラ、2枚目イチモンジタナゴ、ムギツク、カワムツ
3枚目コイ、オイカワ等・・・:緑川水系 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ワカサギの産卵

ワカサギの産卵遡上するワカサギ遡上するワカサギ

時期的に少し遅くなりましたが、ワカサギの産卵を撮影にいってきました。
ワカサギのサイズも小さくて警戒心高く、水の透明度がイマイチと撮影環境はあまりよくないのですが、撮影機材などの運ぶアクセスもよい所を見つけたので、来年からも重ねて観察していこうと思います。

Photo Date
ワカサギの産卵行動:瀬戸内海流入河川 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ニホンヒキガエルの産卵 その2

ニホンヒキガエル

前回の撮影場所より上流地点に向かいヒキガエルの産卵状況を見てきました。
林道の雪は溶けて、林道沿いに求愛活動をするペアを見るも、目的の産卵場所では卵がまだ見当たらなかったので、結局下流に下りて前回の撮影場所へ・・・。
一番綺麗な水溜りで産卵していたので、そのペアを追ってみました。

Photo Date
ニホンヒキガエルの産卵:錦川水系 -0.2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


熊本市内の水辺

セボシタビラの雄小魚の群れ水路

熊本市内の川や水路を覗くと魚影が濃いという印象が強いです。
湧水河川も多いので、水中の様子が良くわかるというのもありますね。

なかなか出てこない婚姻色を出したセボシタビラの雄、その付近に群れるタナゴやオイカワ、カワムツの稚魚達・・・。
岐阜以来かな? 澄みわたるドブ(笑)の風景です。

Photo Date
熊本市内の水辺:緑川水系 -0.1~0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ヒキガエルの産卵

ヒキガエルの産卵ヒキガエルの産卵ヒキガエルの産卵

2年ぶりに錦川水系沿いの水辺でニホンヒキガエルの産卵を観察してきました。
かなり纏まった雨が降り、少しミゾレ混じりの雨で産卵個体がいるか不安でしたが、そこそこのペアが水辺に集まって産卵をしていました。
ここは少し標高が高いという事で他の場所よりは遅めのようですが、山水が溜まったところで産卵をするので、透明度も良い撮影にはもってこいの観察場所です。

Photo Date
ニホンヒキガエルの産卵:錦川水系 -10cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


サケの稚魚

サケの稚魚

江の川水系のサケが浮上して群れているとの情報を頂いたのですが、一足おそかったです。
先週は100匹近く群れてたようですが、物陰での集団生活から巣立ったようで、すでに10匹程しか残っておらず、オイカワやカワムツの稚魚に変わっていました。
産卵場所付近でここに集まるだろうと思ってた場所に集まっていたので、来年はもう少し早く見に行けるようにしてみます。

Photo Date
サケの稚魚:江の川水系 -50cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM