タグ : EF8-15mm F4L fisheye USM

熊本の水辺

カワムツの稚魚の群れオヤニラミの雌ヒラモの群生

葦の群生地にはカワムツやオイカワの子供たちの隠れ家に・・・。
オオカナダモの中には卵を抱えて、お腹パンパンのオヤニラミの雌がいました。
湧水河川ではヒラモの新芽が緑一色に染ってます。

大きい都市なのに足元の水辺にはすばらしい環境がまだまだ多く残っている熊本の水辺です。

Photo Date
緑川水系
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


スナヤツメの産卵

スナヤツメの産卵スナヤツメの産卵スナヤツメの産卵

スナヤツメのアンモシーテス幼生をあちらこちらで確認したのですが、さて、どこで産卵しているのだろう?と、先月末から観察を続けていたのですが、産卵していると情報頂きまして、なんとか写真に収めることができました。
ただ産卵の瞬間は判ったような、判らないような・・・数が多すぎるとやはりわかり難いようです。
すぐ近所の川でも産卵してるようなので、なんとか見つけてみたいものです。

Photo Date
スナヤツメの産卵:瀬戸内海流入河川-0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ウグイの婚姻色

ウグイの産卵

錦川で小規模なウグイの産卵シーンを見る事ができました。
なかなか大規模な産卵シーンに出会えないのですが、小さな堰を飛び越える婚姻色のウグイが見えたので、水中をみると産卵行動をしている最中でした。
ちょっと水深が深く、規模が小さいからか? 潜って撮影したら散ってしまって、やる気をなくしたようで産卵シーンは見ることができず・・・。

Photo Date
ウグイの婚姻色:錦川水系 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


第2回 青海島水中フォトコンテスト

海の森で

昨年は後一歩の準グランプリだった青海島フォトコンに、今年はグランプリを頂けました。
タイトルは「海の森で」。
テーマは春の青海島らしさ、小さい生物を生息環境を取り込んで撮りたいと、昨年はほぼワイドレンズで潜りつづけました。
成体でも10~20mm程しかない世界最小級のイカで、日本海に限らず、太平洋、瀬戸内海、日本各地で観察できるイカです。
その小さなイカをメインに、天候、背景、タイミングがあった一枚です。

Photo Date
ヒメイカ:青海島 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


カゼトゲタナゴの産卵行動

カゼトゲタナゴの産卵行動

琵琶湖に行く予定でしたが、余り状況が良くないと現地情報を頂きまして、急遽、少しだけ北九州に足を伸ばして川の様子を見てきました。
田んぼの水を使うのはもう少し先なので、まだ水位は低いままの小河川です。
上から見ても魚影はあまり確認できなかったのですが、水中では程よくタナゴ達が色づいてました。
貝があるのかしきりに雄と雌が出入りしていましたが、上流で工事の影響か?濁水が流れこんできて、視界が悪くなったので撮影も終了です。

Photo Date
カゼトゲタナゴの産卵行動:遠賀川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ムラサキダコの幼体 その弐

ムラサキダコの幼体

昨年、一昨年と青海島 船越湾内で産卵をしていたムラサキダコですが、その後、孵化直後の幼体が観察できて、それからしばらくして、この個体を観察する事ができました。
まだ色はまったくついてないのですが、すでに泳ぎ方は親のムラサキダコと一緒の泳ぎ方でした。

今年は少し遅れ気味ですが、青海島の浮遊系シーズンも本格化してきそうな時期になってきました。

Photo Date
ムラサキダコの幼体:青海島 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM