タグ : EF8-15mm F4L fisheye USM

ミヤベイワナとレインボートラウト

ミヤベイワナとレインボートラウト

雨雲が多い中、今年の北海道遠征は帯広地方にある然別湖周辺での撮影となりました。
然別湖でしか見る事の出来ないミヤベイワナの遡上時期になり、その姿を探しに流入河川に向かいます。

例年のポイントに案内してもらったのですが、今年は数がおらずミヤベイワナもまばらな状態で、その場所は諦めてそれらしき場所を探し歩くと、倒木の下の掘れた所にミヤベイワナの群れと巨大なレインボートラウトが隠れていて、40cmオーバーのミヤベイワナに感動しておりましたが、それを圧倒するさらに巨大な60cmオーバーのレインボーに時間を費やしてしまいました。

Photo Date
ミヤベイワナとレインボートラウト:然別湖流入河川 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


アオリイカの子ども

アオリイカの子供の群れ

アオリイカの子ども達が群れをなして船の下を通過中。
長い梅雨も明けて、すっかり夏の海になっていました。

Photo Date
アオリイカの子ども:柏島 水面下
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


オオカズナギの雄の戦い

オオカズナギのバトル

今年は例年より出遅れたオオカズナギでしたが、水温が上がらないのも幸いしたのか、過去数年見ないほどの個体数が見る事ができます。
それだけ密度が高いので、巣穴以外でも戦いや求愛などが見る事ができる当たり年のようです。

Photo Date
オオカズナギの雄の戦い:青海島 -8m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


テンクロスジギンポの産卵行動

テンクロスジギンポの求愛テンクロスジギンポの求愛テンクロスジギンポの産卵

テンクロスジギンポの巣穴の周りをぐるぐる回り、雄らしき個体がたまに下半身を巣穴に入れてブルブルと震えていました。
産卵しているのだろうとは思うのですが、巣穴の中はさすがに観察はできません。
40分ほど観察していましたが、最後はカメラも気にせず産卵行動を繰り返していました。

Photo Date
テンクロスジギンポの産卵行動:柏島 -11m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ハタンポの群れ

ハタンポの群れ

浅場の岩場付近一帯にむれていたハタンポの群れ。
入り組んだ岩場地帯はそれだけで絵になります。

Photo Date
ハタンポの群れ:柏島 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


キンギョハナダイの群れ

キンギョハナダイの群れ

今年初の柏島は「大月町 海のフォトフェスティバルin柏島 2015」に合わせて島入りです。
フェスティバルの規模としてはかなり大きなイベントで大盛り上がりのなか、日曜からは久々の太平洋を堪能しました。
余り透明度はよくなかったのですが、それなりに悪くないと感じるのも、普段が緑の海が多いからか…。
そんな海ですがキンギョハナダイは元気にたくさん群れていました。

Photo Date
キンギョハナダイの群れ:柏島 -10m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM