タグ : EF17-40mm F4L USM

イワトコナマズ

イワトコナマズナマズイワトコナマズ賤ヶ岳の麓から望む琵琶湖

滋賀県の琵琶湖には国内にすんでいる全3種のナマズが見ることができます。
The・ナマズに琵琶湖、淀川水系のみに生息し、1mを超える大きさになる有名なビワコオオマナズ。
そして準絶滅危惧に指定され、名前の通り岩場に生息する写真のイワトコナマズです。
イワトコナマズも琵琶湖及びその北にある余呉湖のみに棲む日本の固有種であります。

今回の琵琶湖遠征の最大の目的であり、先ずは生態写真を収めるために夜の琵琶湖へ潜ってきました。

夜行性のナマズを確実に見るのには日が暮れた後、捕食をしに浅場にやってきた個体を見つけるのが容易であるとアドバイス頂き、岐阜のハリヨ撮影の時と同様に今回もN氏に同行していただき、夜の琵琶湖で合流しました。
 
あいにくの天気ではありましたが、実績のあるポイントへ早速案内していただきました。
そして潜る事1時間を過ぎ、水温も10度前後と低くエアも少なくなってきたので、深度を深く行っていないなら諦めようと、諦めて上がってきた途中に岩の間をむさぼるように捕食しながら泳ぐイワトコナマズを発見しました。
ライトに照らされて見えたイワトコナマズは一目で他のナマズとは違う、黄色味を帯びた神々しい色に輝いていました。
大きさは5~60cmぐらいと、この種では最大級との事であります。

その後、別のポイントに案内していただくと、普段多いはずのビワコオオナマズとナマズが少なく、
イワトコナマズだらけでした。
これだけ多くが見れるのは珍しいとの事です。

これからは産卵シーズンに入るので、条件が整えば産卵の撮影も狙えるようなので、ふたたび琵琶湖を訪れてみたいですね。

※写真1,3枚目がイワトコナマズの様で2枚目は目の位置から普通のナマズではないかと思われます。
 4枚目は古戦場の賤ヶ岳の中腹付近から見下ろした琵琶湖です。

Photo Date
イワトコナマズ Silurus lithophilus(Tomoda, 1961):琵琶湖 -10m
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


最南西地方のサケ


北の地方ではおなじみのサケですが、遠く本州の西端の中国地方でも産卵が行われていて、ここ島根県の江の川水系のこのポイントは年に数十匹ですがサケが遡上しています。
実は山口県では国内で最南西端の自然産卵を探しているのですが、姿すら確認する事ができなかったので、
まずは撮影の感覚をつかみたく、時期のよい感じの島根県の方へほうお邪魔しました。
あいにくの増水と濁った水でしたが、なんとか姿だけは写す事に成功です。

Photo Date
サケ:江の川水系 -50cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF17-40mm F4L USM


ゴギの産卵


高津川水系のゴギの産卵です。
なんとか産卵の瞬間を収めることは出来ましたが、なんといっても警戒心が強いのでハードルは高そうです。
もともと森の中を流れる沢なので光も余り入らず、あいにくの曇り模様で露出不足に・・・高ISOにSSも稼ぐ事はできずRawから一段明るさ補正を入れてます。

産卵行動もサツキマスより複雑で、フェイントを入れてきたり不可解な行動も多かったです。
残りの産卵期間も少なく、天候も悪い日が続きますがもう少しチャレンジしたい所です。

Photo Date
ゴギの産卵:高津川水系 -40cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF17-40mm F4L USM


ゴギの産卵始る


サツキマスの産卵が終わるとゴギの産卵に入ります。
ゴギはイワナの亜種で西中国地方のみに生息しています。

山口産のゴギも狙えるのですが、魚影と機材運びが楽な為に島根の高津川水系の支流に入りました。
しかし、今年は大きい固体が少ないのかな~っと小ぶりなペアばかりでした。

産卵床を掘る間にオスが3度代わり、最後に出てきた25cm程のゴギです。
よい所までいったんですが、残念ながら産卵の瞬間までは見届けれませんでした。

Photo Date
ゴギ:高津川支流 -40cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF17-40mm F4L USM


サツキマスの産卵 まだ続いていた・・・


産卵はおおかた落ち着いた頃だし力尽き川へ還ってゆくサツキマスを撮影しようと、
午後時間が取れたので車を走らせて川へ向かいます。
川へ着くと少ないながらまだ産卵が行われてる様子で、先に撮影に入られてる方から「あのペアは午前中からよさそうだよ」との事で場所を譲っていただいて、嬉しい事にまたしても産卵の撮影になってしまった(笑

木の影になる所で自然光がほぼ入らないのでGoPro撮影は中止してカメラのみで挑みます。
薄暗くなった辺りで無事産卵まで終わってくれたのですが、雄が大きすぎ手前で産卵に入るとメスが隠れてしまうので、絵的には逆の方が良いみたいですがこれはこれで迫力はありますね。

Photo Date
サツキマスの産卵:錦川支流 -30cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF17-40mm F4L USM


サツキマスの産卵も終りに近づく


暗くなってからも産卵行動は続くようです。
日没も近くなり産卵床を掘り続けるメスのサツキマス。
太陽は山陰に沈み、水中も見え辛くなって諦め掛けた時に産卵が行われた。
ストロボに驚いたのか?  オスが微妙な角度で放精してましたが、しっかりと役目は果たしたみたいですね。

あれから川へ行けてないのですが、ほぼ産卵も見れなくなったようで今年の産卵シーズンはそろそろ終わりのようです。

Photo Date
錦川のサツキマスの産卵:錦川支流 -30cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF17-40mm F4L USM