タグ : EF100mm macro F2.8L IS

錦川 オイカワの産卵

オイカワの産卵オイカワの産卵

今年は昨年に比べて水温が低めなのか、本流での産卵が10日ほど遅れてる感じです。
産卵もワンド的に止水地になった水温が暖かめの所で盛んに行われてました。
すこし濁り気味でしたが、相変わらずの綺麗な婚姻色です。

オイカワの雄のバトル

産卵前に雄同士が威嚇しあう姿も迫力です!

Photo Date
オイカワの産卵:錦川 -0.4m 
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


カシワベニハゼ

カシワベニハゼ

柏島で初めて見つかり、2012年に標準和名がついたカシワベニハゼ(Trimma matsunoi)です。
相変わらず深めの深度ですが、あの水深の岩肌に付着する様々な色彩にマッチした綺麗な魚です。

Photo Date
カシワベニハゼ:柏島 -55m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


タマシィ

タマシィ

7月の柏島では久々に30m近くは抜けている真っ青な海を堪能してきました。
そんな青い海にいたアオサハギの幼魚です。
タマシィより少し大きくなってしまってますが、こちらの被写体も久々の撮影でした。

Photo Date
アオサハギの幼魚:柏島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


山口県のイシドジョウ

山口県のイシドジョウ山口県のイシドジョウ山口県のイシドジョウ

環境省レッドリストの絶滅危惧IB類(EN)に分類されているイシドジョウです。
今回は錦川ではなく、他の瀬戸内海流入河川で観察にいってきました。
他のドジョウと違い、礫がたまっているような所で、石の間を移動しながら生活しているようで、かなり神経質な魚ですぐに石の下に隠れてしまうので、撮影するのも一苦労でした。

日本の固有種で、生息地は島根、広島、山口、福岡県で、1970年にお隣の島根県で初めて見つかったようです。

Photo Date
イシドジョウ:瀬戸内海流入河川 -30cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


カワヨシノボリの卵保護

カワヨシノボリの卵保護カワヨシノボリの卵

錦川の上流域・・・この時期、オオヨシノボリの姿があまり見えず、目立つカワヨシノボリの卵ばかり見つかりました。
他のヨシノボリ類よりかなり大型の卵で、孵化後そのまま着底生活をはじめるようです。

孵化まではもう少し掛かりそうです。

Photo Date
カワヨシノボリと卵:錦川水系 -30cm
EF100mm macro F2.8L IS


錦川のカジカガエル

錦川のカジカカエルカジカガエルの赤ちゃん


錦川水系は中流から上流にかけてかなりのカジカガエルが生息しているようです。
水辺に沢山集まってきているカエル達の、独特の綺麗な泣き声をあちらこちらで聞くことができます。


錦川のカジカカエル

水中で見ると少し爬虫類っぽい感じが・・・。

Photo Date
錦川のカジカカエル:錦川水系
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM
EF100mm macro F2.8L IS