タグ : EF100mm macro F2.8L IS

柏島の浮遊系

エビの幼生貝類のマクジリビリア幼生貝類のベ リジャー幼生ヒメツリガネクラゲ

柏島の海もプランクトンが浮遊する秋の季節が始まっているようです。
1枚目はエビの幼生、2、3枚目は貝類の各幼生のステージ、4枚目は箱型の形をしたクラゲの仲間です。
青海島の秋同様、サイズは一回り小さいのですが、魅力ある被写体にあふれていました。
流れてくるこんな生物を見ていると、安全停止も楽しく過ごせると思います。

Photo Date
柏島の浮遊系生物:柏島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


スジキツネベラとヒスイスズメダイ

スジキツネベラygスジキツネベラ yg

7月以来の柏島で久しぶりのDeepDivingです。
ソフトコーラル畑の中にいつも見ないような幼魚がいたので、後で確認するとスジキツネベラの幼魚のでした。
伊豆七島方面の深場では出ている種のようですが、柏島ではさらに深い水深にいて珍しいようです。
大きさは25mm程でした。


ヒスイスズメダイ
その近くに、昨年末に話題になっていたヒイスズメダイの幼魚も見る事ができました。
120mm程になって黄色い模様が段々と消えていって地味になりつつありますが、順調に育っているみたいです。

Photo Date
スジキツネベラyg:柏島 -50m
ヒスイスズメダイyg:柏島-55m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


ニラミアマダイのハッチアウト

ニラミアマダイのハッチアウトニラミアマダイのハッチアウト
 
ニラミアマダイ Opistognathus iyonis (Jordan and Thompson)
この種では国内初めてハッチアウトまでの観察を確認できたのではないでしょうか。 
太平洋側などで良く観察されているジョーフィッシュと呼ばれているアゴアマダイより一回り小さく、瀬戸内ではヒメジョーと呼んでいる、温帯域に住む魚です。

DS LOVE&BLUEさんの度重なる観察によって、ハッチアウトの周期や時間を今年はほぼ確実に把握する事ができました。

ただ個体差があるようで、この日のヒメジョーは小型というのもありましたが、かなり臆病気味でストロボやエアの排気音に反応して、度々巣穴に戻る状態でした。
30分ほどの長い時間をかけて仔魚を放出していたので、一気に放出している写真を撮るのには少し工夫がいりそうです。

卵を多くもつ個体も多く、水温や昼間に巣穴の奥の卵を観察する事で大体のハッチアウトが予想できるようになったので、これからの残りの期間や来シーズンからの撮影は楽になりそうです。

Photo Date
ニラミアマダイのハッチアウト:屋代島 -10m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


長崎県大村湾の海

テンジクダイの口内保育イソハゼの卵保護カズナギの仲間 卵保護

8月半ば、まだ大村湾は生態シーン満載の賑やかな海でした。

深場に住むTheテンジクダイも、全体の水深が浅い大村湾なので、浅場で産卵行動などを観察できます。
テンジクダイは雄が卵をくわえて卵を育てますが、今回は残念ながら産みたての卵のみでした。

イソハゼはヘビガイの仲間の抜け殻の中で卵を育て、牡蠣の殻の中で卵を守るカズナギの仲間は、青海島でみるオオカズナギより一回り小さかったです。



ウミヒルモ畑のアミメハギygオクヨウジの幼魚

ウミヒルモの畑の中ではアミメハギの幼魚やオクヨウジの幼魚が見られます。
他にはカミナリイカやヒメイカの幼魚など、浅くエアも無くならないので、あっという間に時間がすぎていきます。

テンジクダイ、トサカギンポ、マダラギンポ、ナベカと様々な産卵~ハッチアウトが見れる夏の時期に、
また来年も遊びに行こうと思います。

Photo Date
大村湾の魚達:長崎県大村湾 -1~5m
1枚目から順に、テンジクダイの雄、イソハゼ、カズナギの仲間、アミメハギの幼魚、オクヨウジの幼魚
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


ゴクラクハゼの婚姻色

ゴクラクハゼの婚姻色

ゴクラクハゼの求愛行動

今年の8月はほぼ雨が降り続く感じで、錦川も増水したまま、普段より水位が高止まりしています。
久しぶりにいつもの場所に観察に行くと、オイカワやカワムツの産卵は終わりを迎えていて、
様々な幼魚が多く見れるようになりました。
そんな川の中で、目立った色で忙しく動くゴクラクハゼの雄が観察できました。

雌を見つけては婚姻色でヒレを全開にして回りをグルグル回って求愛しています。
シマヨシノボリの産卵が落ち着くと、次はゴクラクハゼの産卵が観察できそうです。

Photo Date
ゴクラクハゼの婚姻色:錦川 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


マダラギンポの仔魚放出

マダラギンポの仔魚放出マダラギンポの仔魚放出

2年ぶりの長崎県の大村湾です。
今回もDS海だよりさんに生態シーンをメインにガイドしてもらいました。
初日は1本目にマダラギンポのハッチアウトがまだ続いてるという事で、仔魚放出をメインに撮影です。
2番目に紹介してもらったこの個体が一番活発的で、最初に目撃した時は一度に10匹程放出していました。

マダラギンポの求愛行動

途中、雄の行動が変わりだしたと思ったら、近くにメスが着ていたようです。
求愛活動が始まると、ハッチアウトの方はひと段落した感じでした。

そろそろシーズンは終わりですが、初夏の産卵シーズンにはいると、毎回かなりの高確率で見れるとの事なので、また来年チャレンジしてみたいと思います。

Photo Date
マダラギンポの仔魚放出:長崎県大村湾 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS