タグ : EF100mm macro F2.8L IS

サツキマス(アマゴ)の稚魚

アマゴの幼魚

例年、色々な稚魚が多く集まっていた葦地帯が礫と砂で埋まっていて、溜まりが流れに変わっていて稚魚は一匹もいませんでした。
川の様子は毎年変わるので、いつも同じ場所で撮影とはいきませんね。
2㎝~3㎝ほどに成長したサツキの稚魚も、所々小さくなったワンドに少数づつ分かれて、一生懸命捕食していました。

Photo Date
サツキマスの稚魚:錦川水系 -0.1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


スナヤツメ南方種  アンモシーテス幼生

スナヤツメ南方種 アンモシーテス

錦川水系のかなり上流部で砂を掬ったところスナヤツメのアンモシーテス幼生を発見。
この時期、水温も低くあまり活性がないのか、ある程度楽に撮影する事ができました。
アンモシーテスの時に砂中で生活する為に、まだ目がありません。

Photo Date
スナヤツメ南方種  アンモシーテス幼生:錦川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


錦川のオイカワの産卵

オイカワの産卵

今年の西日本は長梅雨になっていた為に、2か月ぶりの淡水撮影になりました。
梅雨明け後は雨が降らない日続き、すでに本流も渇水状態になっています。
いつもより流れもなく撮影はしやすかったですが、沈殿物も多く濁り気味と環境はあまりよくありません。

Photo Date
錦川のオイカワの産卵:錦川 -0.4m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


ヒメジョーフィッシュ

ニラミアマダイの口内保育ニラミアマダイの口内保育ニラミアマダイ

瀬戸内海で見れる小指ほどの大きさのジョーフィッシュのニラミアマダイの産卵時期になりました。
今年もそこそこの個体が卵を咥えて、子育てにいそしんでいます。
生まれたてのヒメジョーの個体が見れるのも、もう少しです。

Photo Date
ヒメジョーフィッシュ:屋代島 -10m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


瀬戸内海 ブラックウォーターダイビング

イカの仲間の幼生 2mm程ヘイケガニの仲間のゾエアイカの仲間

24時間潜れる瀬戸内海ポイントの強みを活かして、深夜に集光ライトを使ったPlankton撮影、いわゆるブラックウォーターダイビングを行っています。
どの辺りが生物が集まるのか、時期、時間、潮、月齢・・・少しづつデータを集めてますが、それなりに面白い被写体もあらわれました。
イカの仲間は多く、ヘイケガニ系のゾエアも見る事ができましたが、青海島のゾエアと少し違う感じがします。

Photo Date
瀬戸内海 ブラックウォーターダイビング:屋代島 -8m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


鳥取県田後の海

田後の海藻畑ダンゴイカの仲間ygケンサキイカyg

竹野のイベントの合間に、お隣の鳥取県田後のブルーライン田後さんに遊びにいってきました。
ジオパークに認定されているこの辺りの海岸線は、本当に雰囲気があります。
午後に1本、ナイト1本、もう少し早い時期に訪れたかった浅場の海藻畑に刺さり、ナイトダイビングではライトトラップで浮遊系撮影をしてみました。
ほんの数時間の滞在でしたので、次回はもっとじっくりと見る機会を作っていきたいです。

1枚目ワカメ畑
2枚目ダンゴイカの仲間yg
3枚目ケンサキイカyg

Photo Date
田後の海:-1~10m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS
EF8-15mm F4L fisheye USM