タグ : 錦川

ゴギの産卵床作り

ゴギの産卵床作り

季節は慌ただしく変わってゆきます。
サツキマス・アマゴの産卵が終わると、ゴギの季節がやってくる。
紅葉した落ち葉が流れる中、産卵床作りにいそしむゴギの雌です。

Photo Date
ゴギの産卵床作り:錦川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


オヤニラミのハッチアウト

オヤニラミのハッチアウト

八月の半ばも過ぎましたが、錦川の上流ではまだオヤニラミが卵を保護していました。
10日ほど前に産みたての卵を確認していたのですが、これがここでは最後の産卵だったようす。
その卵から産まれたばかりの仔魚や卵から出ていく仔魚を観察することができました。
巣立ってゆく仔魚を見守るオヤニラミの雄です。

Photo Date
オヤニラミのハッチアウト:錦川 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


オオヨシノボリ

オオヨシノボリ

梅雨の大雨続きの後は渇水状態が続いております。
いつもの河川も水位が下がり、今まではあまり見なかったアオミドロのような藻が多く見れました。
そんな水温の高い上流部のオオヨシノボリです、
α7RⅡのハウジングも完成したので、Canon8-15mmを付けてINONドームポートとの相性のテストをしてきました。

Photo Date
オオヨシノボリ:錦川 0.3m
Sony α7RⅡ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ヒキガエルの産卵

ヒキガエルの産卵

今年もヒキガエルの産卵を観察しに行ってきた。
あまり時間が無かったので粘ることはできなかったが、産卵しているペアに割り込む雄の戦いが見れた。
見事に後ろ蹴りを入れている。

Photo Date
ヒキガエルの産卵:錦川水系-0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


サツキマス(アマゴ)の稚魚

アマゴの幼魚

例年、色々な稚魚が多く集まっていた葦地帯が礫と砂で埋まっていて、溜まりが流れに変わっていて稚魚は一匹もいませんでした。
川の様子は毎年変わるので、いつも同じ場所で撮影とはいきませんね。
2㎝~3㎝ほどに成長したサツキの稚魚も、所々小さくなったワンドに少数づつ分かれて、一生懸命捕食していました。

Photo Date
サツキマスの稚魚:錦川水系 -0.1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


スナヤツメ南方種  アンモシーテス幼生

スナヤツメ南方種 アンモシーテス

錦川水系のかなり上流部で砂を掬ったところスナヤツメのアンモシーテス幼生を発見。
この時期、水温も低くあまり活性がないのか、ある程度楽に撮影する事ができました。
アンモシーテスの時に砂中で生活する為に、まだ目がありません。

Photo Date
スナヤツメ南方種  アンモシーテス幼生:錦川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS