タグ : 錦川

ムギツクの托卵?



オヤニラミが卵を産み付けている一帯の葦ですが、孵化寸前の卵が一回り小さい場所がありました。
拡大してみると、どうもオヤニラミの卵ではなさそうです。
お腹が大きいムギツクのメスを雄が追いかけるシーンが近くで多く見られたので、オヤニラミの産卵テリトリーに産み付けているのかもしれません。


Photo Date
オヤニラミの仔魚とムギツクの卵?:錦川水系 -0.5m
α7RⅡ
EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM


稚魚を守るオヤニラミ


毎年撮影に行く水の綺麗な上流部の産卵場で、すでに孵化をした稚魚を守る、オヤニラミのオスが見られました。
稚魚を守るというより、卵が産みつけられているテリトリーに入ってくる外敵を追い出しているようです。
産卵時以外はメスのオヤニラミも近づけず、オス親は果敢にカメラでも攻撃してきます。

Photo Date
稚魚を守るオヤニラミ:錦川水系 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ニホンヒキガエル 蛙合戦


前回の撮影から3日後です。
かなり雪が降ったようで、いたるところに残雪がみられました。
寒い中、すくないメスが産卵場所に来たようで、一匹のメスを巡って6,7匹のオスが奪い合う蛙合戦が始まりました。
メスの姿が確認できない程、周りをオスに抱きつかれています。

Photo Date
ニホンヒキガエルの蛙合戦:錦川水系 -0.3m
Sony α7RⅡ
FE28mm F2 + SEL075UWC


産卵直前のヒキガエル


例年は産卵が始まっている時期ですが、今年は寒さも長引いたようで、産卵地には数匹のオスのみが待機していました。
撮影日も雪がちらつきだしたので、産卵が始まるまでにはもう少しかかりそうです。

Photo Date
ヒキガエル:錦川水系 -0.3m
Sony α7RⅡ
FE28mm F2 + SEL075UWC


アクションカメラの機材テスト  ゴギの産卵

ゴギの産卵

大きいカメラは警戒されて、撮影にも時間がかかります。
しかしアクションカメラのお陰で、警戒心が高い魚もストレスなく接写することができる。
映像機材の進化は素晴らしいのですが、カメラの設置方向はまだまだ経験を積まなければいけません。

【 Youtube.comに移動して、高画質に変更するとHDの画質のよい映像が見ることができます 】


2日がかりの産卵

ゴギの産卵

前記事からの続きのゴギのペア。
産卵も近いと思ったが、思いのほかてこづっているようで何度もメスが床を叩いていて、結局、産卵までいたらずに、気づけば日暮れとなってしまった。
翌日に夜明けに前に現地に向着くと、産卵床がそのままだったので2日目の撮影に入り、お昼頃にようやく産んでくれた。
イワナの産卵は2日かかる事も多いみたいで、撮影者泣かせの被写体だ。 

Photo Date
ゴギの産卵:錦川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM