タグ : 錦川

ヒキガエルの産卵始まる


今年はヒキガエルの産卵行動から撮影スタートです。
一昨日の雨で雄は多数集まっていましたが、メスが一匹だけと少なく、その雌に争うように雄が抱き着いておりました。
帰るころにはペアになっていましたが、結局、翌日の午後にペアになって産卵を始めたようです。

Photo Date
ニホンヒキガエル:錦川水系 -0.2m
Sony α7RⅡ
FE28mm F2 + SEL057FEC


2018年始動


寒い冬になりまして、フィールドには出ておりませんが、昨シーズンに機材で使い勝手が悪かったところ、欲しい機能の改造を楽しんでいます。
2月にはゴギやサケの稚魚を撮影に行こうかとは思ってますが、機材の準備をしっかりとして、本格的な春シーズン待ちですね。
今年もマイペースな更新ですが、よろしくお願いします。

Photo Date
ゴギの産卵:錦川水系 -0.4m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ゴギの産卵始まる


錦川水系のサツキマスの産卵はほぼ終わったような感じで、ゴギの産卵の撮影に移りました。

台風の雨でかなり増水したままの渓流域ですが、なんとか1ペアだけ産卵行動をしていました。
ゴギの産卵には珍しく警戒心のないペアで、お昼を迎える前に産卵を終えています。
かなり狭い所だったので、半水面で撮影してみました。

Photo Date
ゴギの産卵:錦川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


サツキマス 秋の長雨


今年はサツキマスの産卵シーズンに入るとともに雨予報が続き、本日も強く雨が降っています。
例年は天気の良い日が続き、終盤にかけて雨が降ってから再度活性化するという感じが続いていたのですが、今年は撮影に行くチャンスも限られそうです。
写真は先週に産卵活動にはいった頃の立派なオスの個体です。

Photo Date
サツキマスの産卵:錦川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ムギツクの托卵?



オヤニラミが卵を産み付けている一帯の葦ですが、孵化寸前の卵が一回り小さい場所がありました。
拡大してみると、どうもオヤニラミの卵ではなさそうです。
お腹が大きいムギツクのメスを雄が追いかけるシーンが近くで多く見られたので、オヤニラミの産卵テリトリーに産み付けているのかもしれません。


Photo Date
オヤニラミの仔魚とムギツクの卵?:錦川水系 -0.5m
α7RⅡ
EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM


稚魚を守るオヤニラミ


毎年撮影に行く水の綺麗な上流部の産卵場で、すでに孵化をした稚魚を守る、オヤニラミのオスが見られました。
稚魚を守るというより、卵が産みつけられているテリトリーに入ってくる外敵を追い出しているようです。
産卵時以外はメスのオヤニラミも近づけず、オス親は果敢にカメラでも攻撃してきます。

Photo Date
稚魚を守るオヤニラミ:錦川水系 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM