タグ : 淡水域

サツキマス 秋の長雨


今年はサツキマスの産卵シーズンに入るとともに雨予報が続き、本日も強く雨が降っています。
例年は天気の良い日が続き、終盤にかけて雨が降ってから再度活性化するという感じが続いていたのですが、今年は撮影に行くチャンスも限られそうです。
写真は先週に産卵活動にはいった頃の立派なオスの個体です。

Photo Date
サツキマスの産卵:錦川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


暗い淵のサツキマスの群れ


もうしばらくするとサツキマスの産卵シーズンのスタートです。
先日からの大雨で、産卵場付近にサツキマスが集まってきていて、
今年は深く暗い淵に、大型のオスを中心とした大きな群れを見つけました。

Photo Date
暗い淵のサツキマスの群れ:瀬戸内海流入河川 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ムギツクの托卵?



オヤニラミが卵を産み付けている一帯の葦ですが、孵化寸前の卵が一回り小さい場所がありました。
拡大してみると、どうもオヤニラミの卵ではなさそうです。
お腹が大きいムギツクのメスを雄が追いかけるシーンが近くで多く見られたので、オヤニラミの産卵テリトリーに産み付けているのかもしれません。


Photo Date
オヤニラミの仔魚とムギツクの卵?:錦川水系 -0.5m
α7RⅡ
EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM


稚魚を守るオヤニラミ


毎年撮影に行く水の綺麗な上流部の産卵場で、すでに孵化をした稚魚を守る、オヤニラミのオスが見られました。
稚魚を守るというより、卵が産みつけられているテリトリーに入ってくる外敵を追い出しているようです。
産卵時以外はメスのオヤニラミも近づけず、オス親は果敢にカメラでも攻撃してきます。

Photo Date
稚魚を守るオヤニラミ:錦川水系 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


カジカ


空梅雨の6月でしたが、雨が降り出した下旬から雨天がつづきます。
そんな感じで撮影の方もいまいちすすんでおりません。

写真は岩に同化して隠れるのが上手なカジカです。
どこにいるか判るかな?

Photo Date
カジカ:太田川水系 -0.2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


琵琶湖の固有種 イサザ


ハゼ科のイサザは琵琶湖の固有種。
今年は数が少ないとの事でしたが、潜ってみる数も以前よりかなり少なかったです。
コアユも接岸してないようですし、雨もあまり降らず、今年は色々と季節感がおかしい年なのかもしれません。
写真のイサザはきれいな婚姻色をだしておりました。

イサザ:琵琶湖-5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM