タグ : 浮遊系生物

カミクラゲ

カミクラゲ

公式発表されました!
来年、青海島フォトコンテストが開催されます。
審査員は中村宏治氏、吉野雄輔氏、阿部秀樹氏、峯水亮氏と豪華4名の審査員様なんです。
表彰式にあわせて4/26.27日には青海島ダイビングフェステバルも行われますので、来年が待ち遠しいですね!

Photo Date
カミクラゲ:青海島 -5m
Canon Eos 30D
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5


甲殻類の一種 2

エビの仲間

浮遊している甲殻類の仲間もよく見ると、通称:ヒモエビのような紐を出している固体をよく見かけます。
身を守るために出しているみたいですが、何が出ているのか気になりますね。

Photo Date
アミの仲間:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


甲殻類の一種

甲殻類の一種甲殻類の一種

浮遊系の生物達を見る人が増えてきて、発見される種類も多くなってきました。
貝類に甲殻類にほんといろいろな生物が幼生時代は浮遊して生活をしていて、
正確に同定できにくい種も多いのですがプランクトン観察は楽しいですね~。


Photo Date
甲殻類の一種:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


貝類のマクジリビリア幼生

貝類のマクジリビリア幼生

寒くなるにつれ淡水魚の活動はなくなってきて、撮影も淡水メインから海の生物へシフトしていきます。
色々な時期の浮遊生物が注目されてきて、各地から色々な生物が報告されていますが、このヘリコプターのような巻貝の幼生も色々な種類がいるようです。

Photo Date
貝類のマクジリビリア幼生:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


アミメウキマイマイ

アミメウキマイマイアミメウキマイマイ

青海島で撮影したアミメウキマイマイです。
北の地方のミジンウキマイマイはクリオネに食べられてしまう貝類として有名ですが、このアミメウキマイマイも同じ貝の仲間です。
パタパタと泳ぎながら潮にのって浮遊生活をしています。
ただ大きさは非常に小さく、大きくトリミングしてる写真なのですが、貝殻の部分は3mmほど・・・肉眼では詳細な姿を見るのは至難の業です。
浮遊系の分野ではこの辺りが撮影に限界じゃないかと思わせる小ささです。

Photo Date
アミメウキマイマイ:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


ホシムシ類のペラゴスフェラ幼生

ギボシムシの仲間の幼生ギボシムシの仲間の幼生

秋の青海島の浮遊系撮影もまた宇宙を感じさせる生物が沢山見られます。
写真はホシムシ類のペラゴスフェラ幼生で、円盤のような部分が閉じたり開いたり・・・開くと輪郭がライトの光で虹色に輝いています。
胴体部分は5mm程あるので目視も可能ですが、透明なので目に入るのには慣れが必要でした。
台風が過ぎて荒れた後の海も要チェックですね。

Photo Date
ホシムシ類のペラゴスフェラ幼生:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS