タグ : 浮遊系生物

アンコウ科の卵塊とハッチアウト

アンコウ科の卵塊アンコウ科の卵塊 ハッチアウト

以前にキアンコウの卵塊がハッチアウトするシーンに出会わしたのですが、今回はその卵塊の半分ぐらいの仔魚がつまった卵塊に出会えました。
キアンコウだと幼魚に縦のラインが入っているので判るようですが、この卵塊はあきらからに小さく、他の種類のようです。
幼魚の大きさは2mm程で、プランクトンの様な小さな仔魚が次々とハッチアウトしていっていました。

Photo Date
アンコウ科の卵塊:青海島 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


タルマワシモドキ

タルマワシモドキタルマワシモドキの子供

タルマワシの仲間も色々種類がいるそうですが、このタルマワシモドキは他種に比べてかなり華奢な体をしています。
他種と同じように樽の中で子供をそだてるのですが、その幼生は大きく、しっかりと目視できる大きさです。
樽が色づくのはなぜなのか? この樽は赤く光っていました。

Photo Date
タルマワシモドキ:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


春の青海島 浮遊系生物2

ハリゴチの仲間 幼魚ハダカゾウクラゲの仲間タルマワシの仲間撮影風景

最近はワイドレンズを使ってワイドマクロの浮遊系写真を撮っています。
1枚目からハリゴチの仲間、ハダカゾウクラゲの仲間、タルマワシの仲間です。
最後の写真は撮影風景ですが、この日は湾内一面がヘンゲクラゲで埋め尽くされていました。
今年はヘンゲクラゲが多い年ですが、これだけいても共食いはしないようで、他の生物を丸呑みしている姿をよく見かけます。

春の浮遊系シーズンも佳境を迎えていますが、今年はまったく何もいないという日が少なかったように思います。
例年なら6月一杯は楽しめるのでもう少し浮遊系狙ってみたいですね。

Photo Date
ハリゴチの仲間
ハダカゾウクラゲの仲間
タルワマシの仲間 
ヘンゲクラゲの群れ:青海島 -3~5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


アオイガイの仲間の雄

アオイガイの仲間 雄

ワイドでの撮影なので、このサイズの写真でははっきりと確認できないのですが、交接腕を持ったアオイガイの仲間の雄が青海島で観察できました。
雌より圧倒的に小さく、交接腕を雌に預け切り離し、雌はその生殖器で交接をするようです。
海の生物も不思議でいっぱいですが、漂流生活で雌と会う確率が低い中での最適な繁殖方法なんでしょうね。

Photo Date
アオイガイの仲間の雄:青海島 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


クラゲライダー

クラゲライダーツヅミクラゲとクラゲライダー

潮の流れは不思議なもので、同じ水域に同じ種の生物たちが固まって流れてくることが多々あります。
そんな流れの中で一面フィロゾーマ幼生だらけという場面に初めて出会いました。
1ダイブで10匹以上・・・それとなく良さそうなクラゲにはクラゲライダーが乗っているという状態でした。
写真はアカクラゲとツヅミクラゲに乗るウチワエビの仲間のフィロゾーマ幼生です。

Photo Date
ウチワエビの仲間のフィロゾーマ幼生:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


サケガシラ

サケガシラサケガシラ

強い南風がようやく吹き荒れた青海島。
この南風が吹くと湧昇流が起こり深海生物が吹き上げられてくると思われています。
案の定翌日には大量のサルパ、クラゲと共に深海性の生物が多く見られました。
その中で今年は日本海側で打ち上げ報告がおおいサケガシラも湾内に押し寄せられてきたようです。
先日の若魚よりかなり大きく、尻尾部分は食べられてたのか切れてしまっていましたが、元気に泳ぐ深海魚を見ることができました。

サケガシラとダイバー

ダイバーと比べるとこのような感じになりますが、大きいものは数メートルあるので、まだまだ大きくなるのでしょうね。

Photo Date
サケガシラ:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM