タグ : 汽水域

大村湾のトサカギンポ


大村湾でみたトサカギンポの雄と雌です。
以前、四万十川河口で見たのはメスだったみたいで、雄のトサカはかなり迫力がありますね。
このポイントでは狭いエリアで多くの個体を見ることができます。


雌は卵を持っていてお腹がパンパン!
この時期、産卵シーズンなので潮と時間を選べばハッチアウトも狙えるようです。
この日は残念ながらハッチのシーンを見ることはできませんでしたが、タイミング合えば子供を咥えて吐き出すシーンを観察する事ができるようですよ。

Photo Date
トサカギンポ:大村湾 -50cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


カブトガニの産卵


瀬戸内海にはまだある程度の数が生息している生きた化石のカブトガニ。
ちょうど産卵の時期という事で撮影したのですが、南風が強く濁りが岸に打ち寄せて水中の透明度は30cmほどしかありませんでした・・・。
そんな状況の中なんとか交接してるペアを発見できて良かったです。

1枚目、雌が潜り後ろに雄がくっついています。
このまま産卵が終わると2匹つらなって海の中へ消えてゆきました。

2枚目は潮が引いた干潟でみれたピンポン玉ほどの7~8齢です。
毎年脱皮しながら大きくなるようで7,8歳でもまだこの大きさです。

3枚目は死んで打ち上げられたカブトガニで、浜に打ち上げる強い風なのか、3個体ほど打ち上げられてました。

昔は歩けばカブトガニを踏んだと言うぐらい多かったようですが、
干潟の減少と水質汚染によりかなり数はへっているようです。
干潟は海を浄化して本当に多様な生物で溢れていますのでいつまでも守ってゆきたいものですね。

Photo Date
カブトガニの産卵:瀬戸内海 -30cm
Canon Eos 5D markⅡ
AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5


クボハゼ


山口県の川シリーズが続きます。
水中で一際目を引く色の魚がいました。 
ウキゴリの仲間な感じはわかったのですが、帰ってきて図鑑と見比べてもイマイチ確信がもてませんでした。
唯一、矢野さんの図鑑でそれらしいと思ったのですが、その写真が鮮明ではなかったので、日淡会の画像BBSで質問してその名前がわかりました。
婚姻色を出しているクボハゼのメスの個体で、ニクハゼ同様他の魚とは逆のメスが婚姻色を出すようです。
この魚も国のレッドリストの絶滅危惧IB類(EN)に分類されています。
なにか海のハゼでは中々みれない婚姻色にびっくりでした (^―^)

※ 3枚目クボハゼの雄の画像追加

Photo Date
クボハゼ:山口県西部河口域 -1m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


カマキリ(アユカケ)

 

 


今日は降海型のイトヨを探しに山口県西部の川の河口部で潜ってきました。
タンクを2本持っていって、満潮に合せて河口から上流へ下流へともくもくと5時間程探しましたが見つからず。
まぁ色々と魚は見れたので楽しかったのではありますが (^-^

結構上がっていった所でカマキリ(アユカケ)を発見。
20cm超える巨大な個体でした。
やっぱりドンコより迫力あるなーっと(笑
初めてアユカケを見ましたが、山口県内レッドデータブックでは絶滅危惧IB類に分類されていて希少種のようです。
この日もこの1匹しか見かけませんでした。

水温は10度、海との境がそれほど広くなかったのでさほど塩分は高く無さそうでした。
また別の川を探しにいってみようと思います。

Photo Date
カマキリ (アユカケ):山口県西部河口域 -1m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


トサカギンポ

 

 


顔はまるでウルトラマン! トサカギンポの若魚です。
アカメ撮影の合間に撮影する事ができますが、夢中になりすぎるとアカメは後ろを通り過ぎてゆきます・・・。

来年は長崎の大村湾でこいつのハッチアウト撮りたいな!

Photo Date
トサカギンポの若魚:四万十川河口 -2m
Canon Eos 30D
EF100mm macro F2.8L USM


ギンガメアジ


ギンガメアジの群れが川でも見れるんですよ!
といっても、トルネードする程じゃないのですが、幼魚から若魚の群れが川の河口域で見ることができます。
初めて四万十川に入った時が一番透明度もよかったのですが、その後は雨も多く緑一色。
夏、まだワイドレンズで撮れるほど大きくなかったギンガメyg達も、倍の大きさに成長していました。

Photo Date
ギンガメアジの若魚:四万十川 -5m
Canon Eos 5D markⅡ
EF20mm F2.8L USM