タグ : 汽水域

クボハゼ

クボハゼ

秋に行った時には見れなかったクボハゼです。
寒い時期になると出てくるのか? この日一番元気なハゼでした。
よく観察していると小さい縦穴の中に逃げ込んでいるので、普段は巣穴にいるようです。
メスが黄色い婚姻色を出すのはもう少し先になるでしょう。

水温は7度と川の水は結構冷たいのですが、最大の敵はケモクライン・・・。
自分が動くと周りの水が攪拌されてケモクラインが発生。 
収まるまでじっとして、視界が開けた瞬間しかシャッターがきれず、その間に魚が移動してしまったら最初からやり直しという状態でした。

アオノリもぼちぼち生えてきて水中は早くも春の気配がうかがえます。

Photo Date
クボハゼ:山口県 日本海側河川 -50cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


カマキリ【アユカケ】の若魚


スジアオノリがびっしり敷き詰められた上で獲物を待っているカマキリの若魚。
そろそろ産卵の為に上流から海へ下ってくる季節です。
今年は卵を保護している所を探してみます!

Photo Date
カマキリ【アユカケ】:山口県西部河口域 -1m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


ミミズハゼの仲間


このミミズハゼの仲間も色々といるようです。
この個体は山からの淡水が海に注ぐ岩場のタイドプールで見つけたのですが、川の河口域の汽水域やもっと上がった中流、上流の完全な淡水域でも見ることができるようです。
3cm程の小さく細長いハゼで、明かりを嫌いすぐに石の下に逃げ込み、一人での撮影は苦労させられます。

Photo Date
ミミズハゼの仲間:瀬戸内海 光市海岸 -20cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


チチブ


日本海側のサケを調査する合間に久しぶりに河口域で潜ってきました。
しかし河口で土砂をのける作業をしていて、そのせいなのか?
水は濁り、かなり上流の方まで砂が堆積してて、礫がみな砂で埋まってしまっていました。
春先に見た撮影したかった魚達の姿も少なくなっていましたが、そんな中でも環境に強く生息数の多いチチブの写真です。

Photo Date
チチブ:日本海側河川の河口域 -50cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


四万十川のアカメ

今年の四万十川のアカメ撮影は8月末と9月末に2度ほどチャレンジでき、天候や潮周り等、なかなかベストコンディションで挑めない中でもなんとか写すことは成功しました。


8月末は最悪なコンディションでした。
大雨の後の増水で、透明度は水面からボトムまで1m以下の透明度の中、なんとかアカメ撮影は成功したのですが1枚シャッターを切った後は姿も見ることができませんでした。


先日の撮影では川の水の濁りが酷く上層3mの淡水は透明度1mの視界不良でしたが、
下層の海水域は10m程見渡せる綺麗なコンディションです。
チヌの倍くらいの50~60cm級の小さなアカメを数匹確認したのですが、群れるわけでもなくしばらく周りを泳いで一匹一匹消えていってしまいました。

なかなか遠方なのでなんどもチャレンジできないんですが、また来年も機会を見つけてチャレンジしたいと思います。
去年初めて見たときのような巨大なアカメの群れを撮るまでは・・・。

Photo Date
アカメ: 四万十川 -8m
Canon Eos 5D markⅡ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO


カブトガニのハッチアウト


7月のカブトガニの産卵撮影からそろそろ2ヶ月経ちました。
ちょうど大潮のこの週末、もうハッチアウトしていった幼生たちも多いだろうし、
今からハッチアウトしていく幼生たちもいるだろうとの事で産卵場所へ観察へ行って来ました。
どのように海に帰ってゆくのか想像してなかったのですが、すでに孵化は終わっておりこのまま潮が満ちてきたら砂から出て一斉に海へ帰っていくのでしょう。
ちょっとした合間に見に行き水中の機材を持って行ってなかったので浜での撮影のみになりました。

みんな大きく育って欲しいものですね。
まだ尻尾もは生えておらず全長は5mm程のカブトガニの幼生たちでした。

Photo Date
カブトガニの幼生:瀬戸内海
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS