タグ : 汽水域

モクズガニ

モクズガニ

この時期の汽水域はモクズガニが産卵で上流から降りてきています。
ここで卵を産んでゾエアを放出して、その稚ガニ達はまた上流を目指して遡上していきます。
遡上を阻害する人工物が少ない河川が増えてほしいですね。

Photo Date
モクズガニ:日本海流入河川 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


スミウキゴリの婚姻色

スミウキゴリの婚姻色

冬の汽水域もアオノリの仲間がだんだんと茂ってきて鮮やかな緑に染まりつつあります。
海も川も透明度が良く、汽水域も濁りが全くない状態のコンディションの中、いろいろと生物を観察してきました。
石の下では卵を守る個体も見れる中、石の影に隠れていた婚姻色のでたスミウキゴリの雌です。

Photo Date
スミウキゴリの婚姻色:日本海流入河川 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


再びムツゴロウ

ムツゴロウの求愛ジャンプムツゴロウの求愛ジャンプムツゴロウの求愛ジャンプ

ムツゴロウの求愛ジャンプの写真です。
炎天下の日だと日焼けも凄く、熱中症にならないよう気を付けないといけないですが、ムツゴロウと向き合う時間は本当に楽しいですね。

今年は雨が本当に多くて、何度も佐賀入りできずにシーズンを終わりを迎えそうです。
もう一度ぐらいいけるとよいのですが・・・。

Photo Date
ムツゴロウの求愛ジャンプ:有明海流入河川
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


ムツゴロウの求愛

ムツゴロウの求愛ジャンプムツゴロウの闘争ムツゴロウ

5月中旬の有明遠征初日の写真です。
初日は定番の望遠レンズを使って撮影してみましたが、ジャンプの方向が読めずにピント合わせに苦労しました。
そろそろいい時期に入っているのですが、残念ならが雨模様の予報が続いています。
どこかで晴れ間を狙ってまたリベンジに遠征する予定です。

Photo Date
ムツゴロウの求愛行動:有明海流入河川
Canon EOS 5D markⅢ
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM + EXTENDER EF1.4X III


有明海の干潟

ムツゴロウシオマネキトビハゼ

今年も有明海のムツゴロウを撮影しに行ってきました。
初日は何故なのか?潮位の割に引きが悪く干潟が少な目でしたが、翌日は天気も引き具合よく一面に干潟が広がってました。
他の撮影者もほぼ居なかったので、ワイドレンズでの撮影に挑戦してみました。
24㎜での撮影ですが、もうひと寄りしたい所です。
しかしジャンプにピントを合わせるのが難しいですね…。

Photo Date
有明海の干潟:有明海流入河川河口部
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


アユカケ

アユカケ

カジカの仲間のカマキリは、アユカケとも呼ばれる普段は中流域に棲む淡水魚です。
産卵の為に海に降ってきて、産卵後に卵を守り、また遡上していきます。 
この河川はさほど多く見られないのですが、川幅が狭い為に比較的に見つけやすくなっています。

ちょっと時間がなかったので、卵を守っている個体は見つけられなかったのが残念です。

Photo Date
カマキリ【アユカケ】:日本海流入河川 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM