タグ : 汽水域

アカメの群れ


久しぶりの四万十川でアカメを観察です。
この日は綺麗な海水が入ってきたようで視界もよく、さらにアカメの大群に遭遇することができました。
視界が良いのか?あまりこちらを気にすることなく、しかし一定の距離は寄せ付けないような感じでした。

Photo Date
アカメの群れ:四万十川-5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


夜間のカブトガニの産卵


今年は連日連夜カブトガニの産卵地を巡って観察し続けてみました。
観察を続けると撮影の方でも色々と見えてくるものがありますが、環境やタイミングのイメージを膨らませると、チャレンジはまた来年に持ち越しになりそうです。

Photo Date
カブトガニの産卵:瀬戸内海 -0.2m
Sony α7RⅡ
EF8-15mm F4L fisheye USM


カブトガニの産卵


生きた化石といわれるカブトガニも、護岸整備や干潟の埋め立てで絶滅危惧I類に指定されて絶滅の危機に瀕しています。
かつては瀬戸内海の広範囲で足の踏み場もないぐらい産卵していたと聞きますが、今は細々と命をつないでいるようです。
干潟で泥水での撮影が多い中、水の澄んだ砂浜で産卵している個体を見つけました。

Photo Date
カブトガニの産卵:瀬戸内海 -0.2m
Sony α7RⅡ
EF8-15mm F4L fisheye USM


河口域のアユカケ

アユカケ
 水中も春を告げる様相になり、一面、アオノリを想像していったのだが大水の影響か?土砂が積もってました。
小河川ながらシロウオもぼちぼち泳ぎクボハゼも婚姻色が出て求愛活動も見れます。
久々に産卵が終わって遡上していく立派なアユカケも見れました。

Photo Date
河口域のアユカケ:日本海流入河川 -0.5m
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


ミミズハゼの卵保護

ミミズハゼ

ミミズハゼも産卵の時期のようで卵を守っている個体を見つけました。
礫の中に隠れているのですが、礫を退かすとさらに潜ってすぐに隠れてしまうので撮影自体が難しい魚です。

Photo Date
ミミズハゼの卵保護:日本海流入河川-3m
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL x1.4


モクズガニ

モクズガニ

この時期の汽水域はモクズガニが産卵で上流から降りてきています。
ここで卵を産んでゾエアを放出して、その稚ガニ達はまた上流を目指して遡上していきます。
遡上を阻害する人工物が少ない河川が増えてほしいですね。

Photo Date
モクズガニ:日本海流入河川 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM