タグ : ブダイ・ベラの仲間

九月の屋代島(周防大島)



9月の瀬戸内海は水温も25~27度と水温も高く、色々な稚魚達があちらこちらで見れる季節です。
何もなかった砂地にいつの間にかアマモが生えてきて、そのアマモにつかまるハオコゼの稚魚。


水深5m程の太陽の光がよく届く砂地にはウミヒルモも生えてきて、その上をキュウセンが活発に動いてます。


今年は早々とニホンアワサンゴの群生地で産卵が始まったようです。

すこし沖の島なのですがこのポイントはスイだらけでした。
瀬戸内海では初めて見たのですが、アワサンゴの群生地の同じ海藻群の中では
まったく見れないのは不思議ですね。



しかしどこへ行っても海の色は緑色です(笑)



Photo Date
九月の屋代島(周防大島)
Canon Eos 5D markⅡ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO


イトヒキベラ X


ベラ大図鑑の発売により、同定のし辛かったベラのブーム到来か!?
ベラの中でも人気のあるイトヒキベラの仲間ですが、異種同士で生まれたのか?ハイブリットの個体もたまに見かけます。
このイトヒキベラXも明らかに尾鰭がピンテール フェアリーラス(Cirrhilabrus sp.3)のような形をしています。

Photo Date
イトヒキベラ X:柏島 -30m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


Earl’s Fairy Wrasse


そろそろブログを移行して1年たちますが、年を重ねるごとに1年が早く感じます。
EOS30D時代の写真ですが元気なうちに再チャレンジしたい魚です。
イャールズ・フェアリーラス!真っ赤に染まった婚姻色の写真があるのですがピンボケです(笑

Photo Date
Earl’s Fairy Wrasse:Palau -75m
Canon Eos 30D
EF100mm macro F2.8 USM


テンス


青海島のフォト派のベストシーズンはやっぱり冬~初夏にかけてでしょうか。
The Four Seasons では夏と秋の水中写真が6枚しか入れれなかったので、
過去の夏の青海島の写真からTheテンスの成魚です。
他の海では気にしてないだけなのかな?あまり見たことないのですが、
青海島では例年夏場にみる事ができます。

イラ同様綺麗な魚ですね~(^―^)

Photo Date
テンスの成魚:青海島 -15m
Canon Eos Kiss X
EF100mm macro F2.8L USM


ナガブダイ


柏島の浅場にいる巨大なブダイが気になります!

浅場に上がってきて、まっちゃんのズームレンズのカメラを借りてみました。
ナガブダイの雄はゆうに60cmは超える巨大な魚なのですが、青被りもほぼなく背景も絡めて撮影できます。
焦点距離は65mm付近です。
柏島の生息環境がよくわかってよいですね。

Photo Date
ナガブダイの雄:柏島 -5m
Canon Eos 5D markⅡ
EF24-70mm F2.8L USM


テンス


朝から生暖かく、昼間の気温は車の外気温計で24℃もあったそうです。
どうりで汗をかくはずだぁー。

あれ・・・そろそろ12月じゃ(´ェ`*)

写真はテンスの幼魚です。
テンスの仲間は幼魚も成魚もユーモラスな格好をしていてついついカメラを向けてしまいます。

Photo Date
テンスの幼魚:柏島 -25m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS