タグ : テンジクダイの仲間

ミヤコイシモチ


今日は一人で錦川の支流の車の入れないポイントへ川登り。
先日、地元のおじさんに「あそこいきゃおるだろ~」この情報をもとに
バックパックにカメラと食料を詰め込んで、登る事2時間・・・行き止まり・・・ガセネタでした(´ェ`*)
濡れると寒いだろうとラジアルの方のドライで入ったんですが、汗でパンツまでびしょびしょ(笑

いやぁ上ってる途中これは絶対にないなっと思ったんですけどね・・・
代わりといっちゃなんですがオオサンショウウオの卵保護とか見れました。
ただ奥すぎてもってたワイドレンズじゃ撮れなかったんですけどね!

今日の写真は海っぽくない西表の砂地。
ミヤコイシモチです。

Photo Date
ミヤコイシモチ:西表島 -15m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


イナズマヒカリイシモチ


この時期あちらこちらで卵を世話する魚達が見る事ができますね。
その中でもイナピカのハッチアウトのシーンも一度は見てみたいものです。
地元との兼ね合いなどで、24時間好きなときにエントリーできる場所が少ない日本では、いつでも潜れる場所がうらやましいなっと (´ェ`*)

Photo Date
イナズマヒカリイシモチの口内保育:柏島 -35m
Canon Eos 5D mrkII
EF100mm macro F2.8L IS


オオスジイシモチのハッチアウト

 

 


二年ぶりに柏島でのナイトダイビング。
今年はテンジクダイのハッチアウトに照準を合わしていったのですが、フェイントにことごとくやられた感じ(笑
最初の狙いのキンセンイシモチは30分ほど粘ると動きがあわただしく・・・。
突然カメラに向かって上がってきたので、ファインダー外して下がった瞬間にバクバクバク!!!!
その後ダイブタイムも2時間近く・・・よさそうな個体がいない中、船に戻ろうとした頃に急に活性化しだすオオスジイシモチ。
しかしナイトの制限は21時までなのでここでタイムアップ。
直前に撮った固体ですが、なんとも小口な感じでハッチをつづける (*′艸`)
ガバーって開けるかとおもいきや・・・・・パクパク・・オェって感じでフェイントしまくり。
もっとガバーっと口開けでハッチアウトしてほかったなぁーと~。

Photo Date
オオスジイシモチのハッチアウト:柏島-10m
Canon Eos 5D mrkII
EF100mm macro F2.8L IS


カブラヤテンジクダイ

 

 

 

 

facebookのコメント欄を屋久島のしげるさんに教えてもらって追加してみました。
これで”イイネ”ボタンも連動するのかな(´∀`σ)σ

さて、今日の写真はテンジクダイの中でも稀種のようで、初めて見たカブラヤテンジクダイ。
暗い所に住んでるのもあってぱっと見地味なんですが、写真に撮るとその綺麗な色彩がよくわかります。
ハッチ寸前の卵を抱卵してる個体も見られまして、今回の沖縄で一番うれしかった被写体かも♪
恩納村の有名なドリームホールの出口にこじんまりと群れをつくっていまして、みんな逆さまに泳いでいたので写真は全て180度回転してあります。

ベントスでは1日しか潜れなかったのですが、あれこれとリクエスト出してましてホント毎度恐縮です(笑
Cカード取得の時から10年近くお世話になってるショップでして、ガイドの拓さんとは結婚式などで毎年会ってはいたのですが、ダイビング自体は3年振りぐらいでした。
ガッツリ写真を撮りにいく遠征と違って恩納村はリラックスして潜れる心地よさがあり、やっぱりダイビングの原点なんだなぁと昔を思い出してしまいます (´ェ`*)

Photo Date
カブラヤテンジクダイ:恩納村 -28m
Canon Eos 5D mrkII
EF100mm macro F2.8L IS