タグ : スズキの仲間

熊本市内の水辺 その参

ティラピアの群れナマズオヤニラミ

熊本市内の河川であちらこちらで見れる外来種のティラピアです。
かなりの大型な個体も見られ、相当の群れになってるグループもいるので水中でみると圧巻でした。
他には穴からでてきたナマズや、すでに産卵が始まっていたオヤニラミの写真です。

Photo Date
1枚目ティラピア、2枚目小魚の群れとナマズ
3枚目オヤニラミ:緑川水系 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM
EF100mm macro F2.8L IS


オヤニラミの卵保護

オヤニラミオヤニラミ

錦川水系の上流域で産卵を続けるオヤニラミです。
ここの場所は水温が低い為に産卵時期も少し遅めな感じで、今月一杯は活発に続くと思います。
今年もかなり大きなオスが卵を守っていて、先日の大雨前の卵はすべてハッチアウトしていたようですが、また新しい卵がたくさん産み付けられていました。

Photo Date
オヤニラミの卵保護:錦川水系 -50cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ブラックバスの卵保護

オオクチバスのペア産卵床を守るバスバスのペア産卵床とバス

サンフィッシュ科のオオクチバスは特定外来種に指定されていて、もともと生息している日本淡水魚にとっては厄介者であります。
琵琶湖を潜っているとビックリするぐらい大きなブラックバスを見かけます。

※ ノーザンバスxフロリダバスなどの交雑が進んでいるようで、オオクチバスとは断定できないようです。

この産卵床を守っていたバスも50cmクラスの雄で、同じサイズのお腹がパンパンになった雌が2匹周りを泳いでいました。
最初は遠巻きだったバスも産卵床が気になるのか、次第に自分を気にしなくなって寄ってくるように・・・。
最後は雄がフィンに噛み付いて威嚇してきていました。
大きな産卵床に乱雑に生みつけられていた卵はまだ産みたてのようで、孵化まではしばらくかかりそうです。

Photo Date
ブラックバス:琵琶湖 -2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


オヤニラミの産卵

錦川のオヤニラミオヤニラミのペア卵を守る雄のオヤニラミ雄のオヤニラミ

今年も錦川のオヤニラミの産卵が始まったようです。
葦の茎を綺麗に掃除するペアを追うこと数時間・・・写真2枚目のようにだんだんと雄(左)が雌(右)に産卵を即しだして、何度も産卵するしぐさをメスがするなか、一気に綺麗に卵を並べながら産卵に至りました。
すぐつづいて雄が精子をかけながらメスの卵を産んだ軌道をすすみます。
この日は2度産卵を確認できましたが、同じような動作をするのでよく見ておかないと産卵したことに気づかないかもしれません。
産卵後はしばらく雄と雌がともにじゃれあってますが、すぐにメスは追い払われて雄が卵を守りはじめるようです。

観察しかしてなかったので産卵の瞬間は撮影してないんですが、Gopro動画では2度とも抑えることができましたので、また編集ができたらこちらにアップしようとおもいます。
3,4枚目は卵を守るオスの写真で、3枚目は孵化も始まってます。
ここのポイントは昨年のペースだと月末ぐらいまで産卵行動は続くでしょう。

Photo Date
オヤニラミの産卵:錦川支流 -50cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


四万十川のアカメ

今年の四万十川のアカメ撮影は8月末と9月末に2度ほどチャレンジでき、天候や潮周り等、なかなかベストコンディションで挑めない中でもなんとか写すことは成功しました。


8月末は最悪なコンディションでした。
大雨の後の増水で、透明度は水面からボトムまで1m以下の透明度の中、なんとかアカメ撮影は成功したのですが1枚シャッターを切った後は姿も見ることができませんでした。


先日の撮影では川の水の濁りが酷く上層3mの淡水は透明度1mの視界不良でしたが、
下層の海水域は10m程見渡せる綺麗なコンディションです。
チヌの倍くらいの50~60cm級の小さなアカメを数匹確認したのですが、群れるわけでもなくしばらく周りを泳いで一匹一匹消えていってしまいました。

なかなか遠方なのでなんどもチャレンジできないんですが、また来年も機会を見つけてチャレンジしたいと思います。
去年初めて見たときのような巨大なアカメの群れを撮るまでは・・・。

Photo Date
アカメ: 四万十川 -8m
Canon Eos 5D markⅡ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO


オヤニラミの稚魚


オヤニラミの産卵時期も終わり、久々に川を覗くと生まれて間もない稚魚たちが葦の陰に隠れてました。
大きさは1cm未満の個体が中心で、すでにこの大きさで縄張り争いをしていました。
その稚魚達が隠れている大きなエリアをさらに雄の親が守って外敵を排除しているようです。
すでに魚種がわかるような模様が出ててきますね~。

Photo Date
オヤニラミの仔魚:錦川支流 -30cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL