タグ : サケ・マスの仲間

サケの仔魚

サケの稚魚サケの稚魚

サケの稚魚サケの稚魚

2ヶ月ぶりにサケの仔魚を観察するために島根に足を運んでみました。
11月下旬に産卵が終わった産卵床のサケの仔魚です。
すでに栄養袋は吸収されつつあり泳力もついてるようで、大きめの礫をのけると一斉に礫の中に潜って逃げていきました。
もうそろそろ浮上生活がはじまりそうですね。

Photo Date
サケの仔魚:江の川水系 -0.4m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


サツキマスの稚魚

サツキマスの稚魚

サツキマスの稚魚も浮上して3cmほどになっていました。
流れの緩やかな隠れられる場所に集まって、元気に捕食活動をしています。

Photo Date
サツキマス(アマゴ)の稚魚:瀬戸内海流入河川 -0.1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


サツキマス 浮上前

浮上前のサツキマス

産卵から77日目。
寒さが緩んだ日が続き、すっかり雪は溶けてしまってます。
いつもの産卵床では、既にお腹のさいのうも殆んど無くなってきた浮上目前の稚魚がみることができました。
あと少しで泳いで捕食活動する姿が見れますね。

Photo Date
サツキマスの稚魚:瀬戸内海流入河川 -0.2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


ゴギの産卵床 70日目

ゴギの仔魚

少し撮影期間が開いてしまい、70日経つ産卵床の卵達はすべて孵化したようです。
すっかり雪も降らなくなったようで、林道もほぼ雪がなくなってました。
次回は浮上した頃に撮影にいければと・・・。

Photo Date
ゴギの仔魚:錦川水系 -0.2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


山口県 汽水域のサケ

山口県 汽水域のサケ

山口県では、昨年は様々な河川で観察する事が出来ましたが、完全な汽水域で産卵しているペアも見ることが出来ました。
潮が満ちてくると、ケモクラインが発生して魚の確認もままならない状態でした。

山口県 汽水域のサケ

このペアもすでに産卵は終えていましたが、このような民家の合間の川で産卵していました。
今年も出来るだけ多くのサケが遡上してきて、産卵行動までの撮影に挑戦できる事を楽しみに秋を待ちます。

Photo Date
山口県 汽水域のサケ:日本海流入河川 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ゴギの産卵床 51日目

ゴギの卵

この日の水温は7度、産卵から51日目のゴギの産卵床。
なかなかよい形のペアが産卵していたのですが、撮影準備に入る前に産卵が終わってしまった場所です。
中にはうっすらと魚の形が見えていて、順調に育っているようで、こちらも孵化が楽しみです。

Photo Date
ゴギの産卵床 51日目:錦川水系 -0.2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM