タグ : サケ・マスの仲間

ミヤベイワナとレインボートラウト

ミヤベイワナとレインボートラウト

雨雲が多い中、今年の北海道遠征は帯広地方にある然別湖周辺での撮影となりました。
然別湖でしか見る事の出来ないミヤベイワナの遡上時期になり、その姿を探しに流入河川に向かいます。

例年のポイントに案内してもらったのですが、今年は数がおらずミヤベイワナもまばらな状態で、その場所は諦めてそれらしき場所を探し歩くと、倒木の下の掘れた所にミヤベイワナの群れと巨大なレインボートラウトが隠れていて、40cmオーバーのミヤベイワナに感動しておりましたが、それを圧倒するさらに巨大な60cmオーバーのレインボーに時間を費やしてしまいました。

Photo Date
ミヤベイワナとレインボートラウト:然別湖流入河川 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


サツキマスの滝越え

サツキマスのジャンプ

台風15号の大雨によって増水した錦川では、サツキマスが産卵場所に向かって難所を乗り越えていきます。
水位がかなり上がっているので、普段は水深の無い落ち込みも助走をしっかり取れて、大ジャンプを繰り返してました。
あと2か月もすれば産卵シーズンに突入です。

Photo Date
サツキマスの滝越え:錦川
Canon EOS 5D markⅢ
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM


サケの稚魚

サケの稚魚

江の川水系のサケが浮上して群れているとの情報を頂いたのですが、一足おそかったです。
先週は100匹近く群れてたようですが、物陰での集団生活から巣立ったようで、すでに10匹程しか残っておらず、オイカワやカワムツの稚魚に変わっていました。
産卵場所付近でここに集まるだろうと思ってた場所に集まっていたので、来年はもう少し早く見に行けるようにしてみます。

Photo Date
サケの稚魚:江の川水系 -50cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


天然記念物のゴギ

天然記念物のゴギ

そろそろ山口県内の主要河川は渓流釣りが解禁をむかえます。

なかなか撮影に行けてないので、昨年撮影した広島県庄原の県の天然記念物に指定されているイワナの仲間のゴギです。
天然記念物なので釣る事はできないのですが、昨年の豪雨被害で河川が被害の酷く、中国新聞の記者さんが数日入られていた様ですが、ほとんど産卵が見られない程の数が減っている状況だったようです。

徳佐地方の豪雨被害にあった護岸工事はかなり復旧していましたが、川の生物が元に戻るまでは、まだまだ時間が掛かるのでしょうね。

Photo Date
庄原のゴギの産卵:江の川水系 -20cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


サケの仔魚

サケの稚魚サケの稚魚

サケの稚魚サケの稚魚

2ヶ月ぶりにサケの仔魚を観察するために島根に足を運んでみました。
11月下旬に産卵が終わった産卵床のサケの仔魚です。
すでに栄養袋は吸収されつつあり泳力もついてるようで、大きめの礫をのけると一斉に礫の中に潜って逃げていきました。
もうそろそろ浮上生活がはじまりそうですね。

Photo Date
サケの仔魚:江の川水系 -0.4m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


サツキマスの稚魚

サツキマスの稚魚

サツキマスの稚魚も浮上して3cmほどになっていました。
流れの緩やかな隠れられる場所に集まって、元気に捕食活動をしています。

Photo Date
サツキマス(アマゴ)の稚魚:瀬戸内海流入河川 -0.1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS