タグ : サケ・マスの仲間

ゴギの産卵床作り

ゴギの産卵床作り

季節は慌ただしく変わってゆきます。
サツキマス・アマゴの産卵が終わると、ゴギの季節がやってくる。
紅葉した落ち葉が流れる中、産卵床作りにいそしむゴギの雌です。

Photo Date
ゴギの産卵床作り:錦川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


不発の産卵行動

不発の産卵行動

実に興味深い行動です。
何回かに分けて産卵するサツキマスですが、最後には卵も出てこず、産卵のポーズだけで終わる事がシーズン終盤に見られます。
一連の動行動は同じく、産卵床を作り、雄がタイミングを合わせるのですが、放精はせずに卵は産み落とされておりません。
産んでいないのですが、産卵床を埋め戻す行動にはいります。

Photo Date
サツキマス 不発の産卵行動:瀬戸内海流入河川 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


大型の雄のサツキマス

大型のオスのサツキマス

今年はサツキマスの撮影を始めて以来、最低の産卵個体数のようだ。
毎年産んでいる本流の好条件な場所も産卵床のあとすら見えない状態。
そんな悪条件の中、やっと大型のペアを撮影できたのだが、産卵の瞬間にメスの手前側に入ってきてしまい、見事に隠れてしまった。
スニーカー達も産卵には間に合わなく、産卵も放精もあっという間の出来事だった・・・。

Photo Date
大型の雄のサツキマス:瀬戸内海流入河川 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


サツキマスの季節

サツキマス

今年は長雨が続いて、水位も高さを保ったままサツキマスの産卵の時期が近くなってきました。
例年通り、大きな淵を覗きに行くと30匹程のサツキマスが群れていました。
水深も深く、まだ水も濁っていますが、産卵前に透明度が上がってくればタンクを用意して撮影に行ってみようと思います。

Photo Date
サツキマスの群れ:瀬戸内海流入河川 -3m
Sony α7RⅡ
EF8-15mm F4L fisheye USM


サツキマス(アマゴ)の稚魚

アマゴの幼魚

例年、色々な稚魚が多く集まっていた葦地帯が礫と砂で埋まっていて、溜まりが流れに変わっていて稚魚は一匹もいませんでした。
川の様子は毎年変わるので、いつも同じ場所で撮影とはいきませんね。
2㎝~3㎝ほどに成長したサツキの稚魚も、所々小さくなったワンドに少数づつ分かれて、一生懸命捕食していました。

Photo Date
サツキマスの稚魚:錦川水系 -0.1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


サツキマスの仔魚

サツキマスの仔魚サツキマスの仔魚サツキマスの仔魚

12月も終わりを迎えています。
久しぶりに川に撮影に行ってきまして、サツキの産卵床の中を見てみました。
死卵が見えたので、大きめの石を退かすと、礫の合間に動く仔魚が・・・。

今月から新たにα7RⅡを導入しました。
1枚目は5Dmark3、2,3枚目はα7RⅡの写真です。

Photo Date
サツキマスの仔魚:錦川水系-0.3m

Canon EOS 5D markⅢ
EF-S60mm F2.8 マクロ USM

SONY α7RⅡ
EF-S60mm F2.8 マクロ USM