タグ : コイ科の仲間

山口県のアブラボテ

アブラボテ山口県のアブラボテ

山口県の自然分布しているタナゴ類の種類は少ないようで、主にアブラボテとヤリタナゴが生息しているようです。
県西部の生息地が多く、写真のアブラボテは日本海流入河川の中流域で撮影しました。
水温も12度と上がってきた為に、雄の婚姻色である体色が黒っぽく、鰭はオレンジ色のラインがだんだんと出てきていました。

Photo Date
アブラボテの婚姻色:日本海流入河川 -50cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


琵琶湖のゲンゴロウブナ

琵琶湖のゲンゴロウブナ

琵琶湖の固有種で既に生息数も少なくなっていると言われているゲンゴロウブナです。
環境省レッドリストでは絶滅危惧IB類(EN)に分類されていて、養殖用に改良されたヘラブナの原種のようです。

初めての潜水撮影でさまざまな種を撮っていた中に一枚だけ撮影できていた写真なので、今年も会うことができたならばじっくりと撮影したいと思っています。

Photo Date
ゲンゴロウブナ:琵琶湖 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


フナ類 ギンブナ?

ギンブナ

そろそろ春が近くなってきましたので、琵琶湖方面の遠征を計画しています。
今年は50mmぐらいのレンズで図鑑風に生態写真を撮ってみようかと思っています。
写真は巨大フナ。 琵琶湖ではヒラワと呼ばれているようで、大きさはなんと50cm程!!
こんな大きなフナもいるんですね。

Photo Date
フナ類 ギンブナ?:琵琶湖 -10m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


オイカワの産卵 【動画】

オイカワの産卵オイカワの産卵

錦川で産卵するオイカワの様子を動画編集しました。
写真の方は動画の後日にEF50mm macroで撮影。

Photo Date
オイカワの産卵:錦川 -50cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF50mm F2.5 コンパクトマクロ



【 画質調整で大きくフルハイビジョンで見ることができます 】


オイカワの産卵

オイカワの雄オイカワの雄と雌オイカワの産卵オイカワの産卵

Zacco platypus:学名に雑魚の名前がつくどこにでもいる淡水魚なのですが、
婚姻色を出す雄のオイカワは淡水魚を代表する”和”の色彩を持っています。
本当にどこにでもいるのですが、川の中流や小河川、水路などにいるので、
透明度が良い撮影しやすい場所をさがすのに苦労しました。

ここの場所で最初に撮影した日は1枚目のようなワイドレンズだったので寄り切ることができずに、再度マクロレンズをつけていってきました。
透明度は良いといっても中流域なので、やはり微妙に白にごりはしてます。
それと川幅が広い為にストレスを与えると移動して別の場所で産卵を始めるのにも苦労しましたね。

うわさには聞いてましたが、産卵中のバイブレーション状態は凄いです・・・。

Photo Date
オイカワの産卵:錦川 -30~50cm
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


ビワヒガイ

ビワヒガイの婚姻色南湖のビワヒガイビワヒガイ

ビワヒガイはコイ科カマツカ亜科の琵琶湖の固有種です。
タナゴ同様に産卵管を二枚貝に挿入して卵を産み付けて、貝の中で孵化させるようです。
3月末に写真2枚目の琵琶湖の南で撮影した固体はほんのりと婚姻色がでていて、4月末に撮影した1枚目の固体は、全身が真っ黒になり顔は追星だらけで産卵まっさかりといった具合でしょうか。
6月初めには3枚目のような普通の体色に戻った固体が多く見れました。

来年は産卵しているシーンをみてみたいものです。

Photo Date
ビワヒガイ:琵琶湖 -1~3m
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL
EF100mm macro F2.8L IS