タグ : コイ科の仲間

濃尾平野のイタセンパラ

イタセンパラの雄

イタセンパラの雄イタセンパラの追星

国の天然記念物に指定され、環境省レッドリストの絶滅危惧IA類(CR)と絶滅が心配されるイタセンパラです。
すでに生息地となる河川の増水などで出来るワンドやタマリ、ため池などが減少して、さらに産卵する為の二枚貝が減少してと、かなり生息域が狭まり、富山、淀川水系、濃尾平野の3地域のごく一部でしか生息していません。

いつかは自然下の個体の撮影をしたいと思っていたタナゴで、この夏に若い雌の個体を見かけたとの情報を頂いて、急遽、濃尾平野へ遠征に行ってきました。
長雨での河川の増水、濁りが取れず視界不足、道なき道を機材を運ぶポイントまでのアクセスと想像を超えるハードな撮影となりましたが、最後の最後に雄の個体を撮影することができました。
今回は姿を納めるのが最大の目的だったので、マクロレンズのみでしたが、アクセスなどの総合的に撮影できる場所の確保が出来たことで、今後、さらに様々な撮影も可能となりそうです。

Photo Date
濃尾平野のイタセンパラ:0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF-S60mm F2.8 macro USM


錦川のオイカワの産卵

オイカワの産卵

今年の西日本は長梅雨になっていた為に、2か月ぶりの淡水撮影になりました。
梅雨明け後は雨が降らない日続き、すでに本流も渇水状態になっています。
いつもより流れもなく撮影はしやすかったですが、沈殿物も多く濁り気味と環境はあまりよくありません。

Photo Date
錦川のオイカワの産卵:錦川 -0.4m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


佐賀の水路

佐賀の水路

ムツゴロウを撮影するまで、佐賀の水路を散策してみた。
ピンポイントで場所を教えて頂いていたので迷わずカメラをつけたのですが、
道行く散歩の人がこの川は魚が少なくてねぇと・・・。
確かに陸から見るとあまり魚影は見当たらないのだが、水草の隙間にタナゴらしき姿がチラホラしていました。
サギなどから身を守るために、小魚たちもなるべく目立たないような姿になっているので、
人間はさらに見つけにくいのでしょうね。
水中は見事な魚影でした。

バラタナゴ、カゼトゲタナゴ、アブラボテ、カワムツ、オイカワ、イトモロコ・・・。

Photo Date
佐賀の水路:筑後川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


熊本のハス

ハスの雄ハス

琵琶湖周辺の固有種であったハスは、アユの放流と共に琵琶湖から移入してきてる魚の一種です。
フィッシュイーターで小魚を襲い、オイカワの様な姿ですが大きいもので30cm近くになり、警戒心の強い魚です。
熊本でオイカワやカワムツを撮影中に凄いスピードで泳ぐのを見たのですが、追うと逃げるので、ひたすら目の前に来るのをまちました。
色合いは結構よい色がでてきてますが、この河川ではさほど数が多くないので、産卵を狙うのには少し厳しいかもしれません。
夏の琵琶湖へ行って撮影しておきたい魚です。

Photo Date
ハスの雄:緑川水系 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF50mm F2.5 コンパクトマクロ


熊本の水辺

カワムツの稚魚の群れオヤニラミの雌ヒラモの群生

葦の群生地にはカワムツやオイカワの子供たちの隠れ家に・・・。
オオカナダモの中には卵を抱えて、お腹パンパンのオヤニラミの雌がいました。
湧水河川ではヒラモの新芽が緑一色に染ってます。

大きい都市なのに足元の水辺にはすばらしい環境がまだまだ多く残っている熊本の水辺です。

Photo Date
緑川水系
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


オイカワの雄の戦い

オイカワの雄の戦い

GWに入り一気に気温も上がってきたので、淡水魚も活発化してきました。
春のまだ水が冷たい時期、湧水が流れ込む比較的暖かい河川ではすでにオイカワの繁殖行動が始まろうとしていました。
たまには陸上から・・・水面下で縄張り争いをするオイカワの雄。

Photo Date
オイカワ:緑川水系 -0.1m
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM