タグ : コイ科の仲間

カワムツの幼魚の群れ

熊本の水辺

熊本で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
人間以外の生き物の生活も脅威を振るう災害でしょう。

自然的な護岸にすむ多くの幼魚たち。
素晴らしい熊本の水辺もそのままに復興されることを願います。

Photo Date
カワムツの幼魚:緑川水系 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


熊本県のセボシタビラ

セボシタビラ

今年も熊本へセボシタビラの撮影に行ってきました。

ここのポイントは去年より魚影も濃く、大型な雄が見ることができました。
婚姻色をだして縄張り争いするは素晴らしいものがあります。

Photo Date
熊本県のセボシタビラ:緑川 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF50mm F2.5 コンパクトマクロ


広島県のカネヒラ

カネヒラ

カネヒラの貝覗き

_60A0875

秋タナゴの産卵時期を迎えました。
広島県の山間部でカネヒラが活発的に繁殖行動をしています。
だんだんと二枚貝が住む環境が少なくなる中、身近な川にこのような所が残っているのは嬉しい限りです。

Photo Date
カネヒラの繁殖行動:江の川水系 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


濃尾平野のイタセンパラの動画

イタセンパラ

イタセンパラの雄を確認した後、集中して目撃されたエリアにGoproを仕掛けてみたところ、見事に雄と雌のグループがカメラの前に現れてくれました。
時期を迎えれば、この周辺で産卵にいたっているのだと思います。

Photo Date
濃尾平野のイタセンパラ:-0.5m

【 Youtube.comに移動して、高画質に変更するとHDの画質のよい映像が見ることができます 】


濃尾平野のイタセンパラ

イタセンパラの雄

イタセンパラの雄イタセンパラの追星

国の天然記念物に指定され、環境省レッドリストの絶滅危惧IA類(CR)と絶滅が心配されるイタセンパラです。
すでに生息地となる河川の増水などで出来るワンドやタマリ、ため池などが減少して、さらに産卵する為の二枚貝が減少してと、かなり生息域が狭まり、富山、淀川水系、濃尾平野の3地域のごく一部でしか生息していません。

いつかは自然下の個体の撮影をしたいと思っていたタナゴで、この夏に若い雌の個体を見かけたとの情報を頂いて、急遽、濃尾平野へ遠征に行ってきました。
長雨での河川の増水、濁りが取れず視界不足、道なき道を機材を運ぶポイントまでのアクセスと想像を超えるハードな撮影となりましたが、最後の最後に雄の個体を撮影することができました。
今回は姿を納めるのが最大の目的だったので、マクロレンズのみでしたが、アクセスなどの総合的に撮影できる場所の確保が出来たことで、今後、さらに様々な撮影も可能となりそうです。

Photo Date
濃尾平野のイタセンパラ:0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF-S60mm F2.8 macro USM


錦川のオイカワの産卵

オイカワの産卵

今年の西日本は長梅雨になっていた為に、2か月ぶりの淡水撮影になりました。
梅雨明け後は雨が降らない日続き、すでに本流も渇水状態になっています。
いつもより流れもなく撮影はしやすかったですが、沈殿物も多く濁り気味と環境はあまりよくありません。

Photo Date
錦川のオイカワの産卵:錦川 -0.4m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS