タグ : コイ科の仲間

カワシンジュガイとアブラボテ


生息地としてはいちばん南限に位置するカワシンジュガイにアブラボテが産卵をします。
雌が雄の群れを引き連れて、一瞬にカワシンジュガイに産卵すると次々と雄が放精をしていくシーンです。
山口県内の最南端のカワシンジュガイは絶滅してしまったようなので、この生息地は無事に保全されていくといいですね。

Photo Date
カワシンジュガイとアブラボテ 太田川水系:-0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


カワヒガイの産卵


今年は天候が安定せずに中々撮影に行けなかったカワヒガイの産卵。
シーズン終わりなので行動自体が消極的だったのですが、この日は3回の産卵シーンを見せてくれました。
雄と雌が母貝を覗きながら、タイミングを合わせ雌は入水管に産卵管を差し込んで、雄は放精します。
ここの河川にはタカハガイ、マツカサガイ、ササノハガイがいるようで、写真の母貝はマツカサガイです。

Photo Date
ヒガイの産卵行動 江の川水系:-0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ニゴイの追星


琵琶湖の水深10m付近の岩礁地帯に多くのニゴイが集まっていた。
忙しく泳いで餌を取るわけでもなく、婚姻色の黒っぽく追星がでたオスとメスの姿も見えるのだが、みなじっと水底に横たわっていて、狭い範囲に固まっている。
琵琶湖で見た不思議な光景の一つです。
Photo Date
ニゴイの追星:琵琶湖-10m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ゼゼラ


2年ぶりとなった琵琶湖遠征はちょうどイワトコナマズの産卵の時期・・・だったのですが。
なぜか湖岸にナマズの姿は見えず、コイなどの接岸も見れないさみしい状況。
イワトコを捜索中に砂泥地に出ると小魚が多く、そんな中で琵琶湖で初めてゼゼラを見ることができました。
これも婚姻色をしっかりと出した個体を撮影したい種であります。
Photo Date
ゼゼラ:琵琶湖 -2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ヒガイの産卵行動


昨秋、カネヒラの撮影をしていた時にちらほら見つけた若魚のヒガイも、タナゴ類と同じく二枚貝に産卵をします。
春産卵との事でGW明けに撮影に行ってきました。
秋ごろは見なかった大型の雄雌が見れ、オスは追星がはっきりと出て黒ずんだ婚姻色になっていました。
ビデオでの産卵行動はできたものの、写真の方はタイミングが難しくさらに撮影が必要のようです。

Photo Date
ヒガイの産卵行動 江の川水系:-0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


佐波川水系 ウグイの産卵


錦川水系のウグイの産卵があまり大規模な場所が見つからないので、隣の佐波川水系に撮影に行ってきました。
気温も上がり、一昨日の大雨の後で一気に遡上してきて産卵に入ったようです。
少し水位が高いので、もう少し水位が下がった頃に見に行こうと思いっています。

Photo Date
ウグイの産卵:佐波川水系 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM

Sony α7RⅡ
FE28mm F2 + SEL075UWC