タグ : アンコウの仲間

ハナオコゼ


この写真を見て瀬戸内海はとても想像できないですね~。

その青い海に浮かぶ流れ藻についていたハナオコゼですが、
まさか瀬戸内海で見れるとは思ってもいませんでした(°□°)

こうやって見ると瀬戸内ブルーと呼んでも良いぐらい綺麗な海ですね!

Photo Date
ハナオコゼ:屋代島沖 -30cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF17-40mm F4L USM


エナガカエルアンコウ


柏島では色々な種類のカエルアンコウが見ることができます。
大きさはは3cm程の子供のエナガカエルアンコウを色々ライティングで遊んでみました。

Photo Date
エナガカエルアンコウ:柏島 -5m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


キアンコウの幼魚


今年はキアンコウだろうと思われる卵塊も沢山みれていた青海島。
キアンコウの幼魚も度々発見されています。
内湾に比べて遭遇率が落ちる外海で1週間おきに発見されていまして、この週も発見する事ができました。
かりゆしのガイドさんが撮影してる所にであいまして2年ぶりの再会です。 (^―^)

この所海況が良く船越側でのダイビングが続いて内湾の紫津浦には誰も潜っておらず状況がわからないのですが、
キアンコウを中心とした浮遊生物が気になるところです。
誰か潜ってきてほしいですね・・・(笑

Photo Date
キアンコウの幼魚:青海島 -5m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


アンコウ科の仲間の卵塊

 

 

 


まるでビニールの様な帯状のシートが漂っています。
大きさは70cm四方ぐらいで、ライトを当てると色は紫に光り、近寄ってよく見ると沢山の卵がびっしりと並んでいます。
この水域で見れるアンコウ科の幼魚はキアンコウの幼魚ばかりなのでキアンコウの卵塊とおもわれます。
今年は度々目撃されていて、ハッチしている個体もいたようなのでもう少し時期が過ぎたら沢山みれるかと期待しています。
まだまだカエルの卵のようですが(笑

Photo Date
アンコウ科の仲間の卵塊:青海島 -5m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


イロカエルアンコウyg

 

 

 

 


                             後浜のイロカエルアンコウですが、ホヤの周りにいついてるので色々な絵が撮れます。
2日で合計3本もこの周りを潜ったので、アレやコレや試してみると楽しい楽しい~。
大きさは2~3cm程でしょうか?
ログではホヤに光を当てる4枚目が好評でした(^―^)


Photo Date
イロカエルアンコウの幼魚:柏島 -15m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


イロカエルアンコウ


水中結婚式も無事に終わり今シーズンの柏島もスタートです!
久々の週末ダイビングは20人近いゲストと昼も夜も盛り上がり、月曜からは、これから熊本の天草でショップをオープンされるガイド会の中野さんも加わり、ベラ彦さんと平日のまったりダイビングを楽しみました。

しかし濁ってた(笑  
先週までは黒潮の影響か水温20℃、透明度20mのベストコンディションだった所が、見事なバスクリン色な緑色の海に・・・。
しかし生物豊富な柏島ではそんなことも大して気にならですね~。

今日の魚はイロカエルアンコウ。
久々に鮮やかなオレンジ個体だったので撮影してみました。

Photo Date
イロカエルアンコウ:柏島 -30m
Canon Eos 5D mrkII
EF100mm macro F2.8L IS