タグ : その他の魚

ハタンポの群れ

ハタンポの群れ

浅場の岩場付近一帯にむれていたハタンポの群れ。
入り組んだ岩場地帯はそれだけで絵になります。

Photo Date
ハタンポの群れ:柏島 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


熊本市内の水辺 その参

ティラピアの群れナマズオヤニラミ

熊本市内の河川であちらこちらで見れる外来種のティラピアです。
かなりの大型な個体も見られ、相当の群れになってるグループもいるので水中でみると圧巻でした。
他には穴からでてきたナマズや、すでに産卵が始まっていたオヤニラミの写真です。

Photo Date
1枚目ティラピア、2枚目小魚の群れとナマズ
3枚目オヤニラミ:緑川水系 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM
EF100mm macro F2.8L IS


ニラミアマダイのハッチアウト

ニラミアマダイのハッチアウトニラミアマダイのハッチアウト
 
ニラミアマダイ Opistognathus iyonis (Jordan and Thompson)
この種では国内初めてハッチアウトまでの観察を確認できたのではないでしょうか。 
太平洋側などで良く観察されているジョーフィッシュと呼ばれているアゴアマダイより一回り小さく、瀬戸内ではヒメジョーと呼んでいる、温帯域に住む魚です。

DS LOVE&BLUEさんの度重なる観察によって、ハッチアウトの周期や時間を今年はほぼ確実に把握する事ができました。

ただ個体差があるようで、この日のヒメジョーは小型というのもありましたが、かなり臆病気味でストロボやエアの排気音に反応して、度々巣穴に戻る状態でした。
30分ほどの長い時間をかけて仔魚を放出していたので、一気に放出している写真を撮るのには少し工夫がいりそうです。

卵を多くもつ個体も多く、水温や昼間に巣穴の奥の卵を観察する事で大体のハッチアウトが予想できるようになったので、これからの残りの期間や来シーズンからの撮影は楽になりそうです。

Photo Date
ニラミアマダイのハッチアウト:屋代島 -10m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


春の青海島 浮遊系生物2

ハリゴチの仲間 幼魚ハダカゾウクラゲの仲間タルマワシの仲間撮影風景

最近はワイドレンズを使ってワイドマクロの浮遊系写真を撮っています。
1枚目からハリゴチの仲間、ハダカゾウクラゲの仲間、タルマワシの仲間です。
最後の写真は撮影風景ですが、この日は湾内一面がヘンゲクラゲで埋め尽くされていました。
今年はヘンゲクラゲが多い年ですが、これだけいても共食いはしないようで、他の生物を丸呑みしている姿をよく見かけます。

春の浮遊系シーズンも佳境を迎えていますが、今年はまったく何もいないという日が少なかったように思います。
例年なら6月一杯は楽しめるのでもう少し浮遊系狙ってみたいですね。

Photo Date
ハリゴチの仲間
ハダカゾウクラゲの仲間
タルワマシの仲間 
ヘンゲクラゲの群れ:青海島 -3~5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


サケガシラ

サケガシラサケガシラ

強い南風がようやく吹き荒れた青海島。
この南風が吹くと湧昇流が起こり深海生物が吹き上げられてくると思われています。
案の定翌日には大量のサルパ、クラゲと共に深海性の生物が多く見られました。
その中で今年は日本海側で打ち上げ報告がおおいサケガシラも湾内に押し寄せられてきたようです。
先日の若魚よりかなり大きく、尻尾部分は食べられてたのか切れてしまっていましたが、元気に泳ぐ深海魚を見ることができました。

サケガシラとダイバー

ダイバーと比べるとこのような感じになりますが、大きいものは数メートルあるので、まだまだ大きくなるのでしょうね。

Photo Date
サケガシラ:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


サケガシラ属の幼魚

サケガシラ属の幼魚サケガシラ属の幼魚

赤潮交じりの浮遊物が多く濁り気味の海況でしたが、その濁りが切れ視界が開けた先に銀色に生物が・・・。
近づいて良く見ると、深海魚であるサケガシラ属の幼魚のようです。
大きさは全長15cm程の小型で、まだ元気な鰭も綺麗な個体でした。
4月早々からすばらしい出会いです・・・。

Photo Date
サケガシラ属の幼魚:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS