カブラヤテンジクダイ

 

 

 

 

facebookのコメント欄を屋久島のしげるさんに教えてもらって追加してみました。
これで”イイネ”ボタンも連動するのかな(´∀`σ)σ

さて、今日の写真はテンジクダイの中でも稀種のようで、初めて見たカブラヤテンジクダイ。
暗い所に住んでるのもあってぱっと見地味なんですが、写真に撮るとその綺麗な色彩がよくわかります。
ハッチ寸前の卵を抱卵してる個体も見られまして、今回の沖縄で一番うれしかった被写体かも♪
恩納村の有名なドリームホールの出口にこじんまりと群れをつくっていまして、みんな逆さまに泳いでいたので写真は全て180度回転してあります。

ベントスでは1日しか潜れなかったのですが、あれこれとリクエスト出してましてホント毎度恐縮です(笑
Cカード取得の時から10年近くお世話になってるショップでして、ガイドの拓さんとは結婚式などで毎年会ってはいたのですが、ダイビング自体は3年振りぐらいでした。
ガッツリ写真を撮りにいく遠征と違って恩納村はリラックスして潜れる心地よさがあり、やっぱりダイビングの原点なんだなぁと昔を思い出してしまいます (´ェ`*)

Photo Date
カブラヤテンジクダイ:恩納村 -28m
Canon Eos 5D mrkII
EF100mm macro F2.8L IS


オオタルマワシ


青海島も春の風物詩の浮遊系の生物が楽しい時期になってきました。
今年はキアンコウの幼魚がまだのようですが、見慣れぬ生物がみれる楽しい時期ですね!
ちょっと忙しくて海にいけてませんでしたが、週明けあたりからいければいいなぁと (-ι_- )

今日の写真はこの時期おなじみになってきているオオタルマワシです。
普段は深海域に住んでいて、クラゲやサルパの中身をくりぬいて中に入り浮遊しています。

Photo Date
オオタルマワシ:青海島 -1m
Canon Eos 5D mrkII
EF100mm macro F2.8L IS


恩納村の海


今回は夏のようなスッキリとした透明度じゃなかったのですが、
それでもやっぱり青い海は気持ちいいですね。
恩納村の海の魅力はやっぱらい豪快な地形でしょうか!

Exit間際に写した1枚。
40m付近からドーンとそびえ立っています。

Photo Date

沖縄本島
Canon Eos 5D mrkII
AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5


ツキノワイトヒキベラ

 

 

 


3枚ともツキノワイトヒキベラです。
全て1本のダイビングで見れたのですが、1枚目は普通の状態、2枚目は婚姻色、3枚目は幼魚になります。
なぜかこの所、まん丸のやる気いっぱいのベラに遭遇できませんねぇ (`д´)
そして、2枚目の婚姻色だしてるのが何故なのかジッと止まってました(笑

Photo Date
ツキノワイトヒキベラ:柏島 -40m
Canon Eos 5D mrkII
EF100mm macro F2.8L IS


カクレクマノミ


不思議と万座に行くと海が荒れたことが少ないんです。
この日程も潜った2日間はベタ凪だったのですが、沖縄入りした日と帰りの日は大荒れ (;´ρ`)
なので波や風をよけてのゴリチョやらオリオンなど潜ったことがありません。

ボートは時間制限があるので、こんな被写体はビーチでじっくりと撮ったほうがいいのかなぁ~っと思いつつ久しぶりにカクレクマノミを見てシャッターを切ってしまいました。

今日の山口県上空は黄砂で一面灰色! こんな青空にはやくなればいいのぉ~。

Photo Date
カクレクマノミ:恩納村 -8m
Canon Eos 5D mrkII
EF100mm macro F2.8L IS


カシワベニハゼ


未記載種のハゼつながりです。
こちらも新しい和名が楽しみな未記載種のベニハゼです。
柏島で少し深いですが、ある根に行くと高確率で見ることができます。
今回は第一棘が伸びてるタイプを初めて撮影して、これが雄で伸びてないタイプが雌なのでしょう。

気づけば大型連休に入りましたね~。
皆さん世界各地にちらばってる事とおもいます。
よい休日を~(´∀`σ)σ

※ 2012.3 学名 Trimma matsunoi カシワベニハゼと命名されました。

Photo Date
カシワベニハゼ:柏島 -50m
Canon Eos 5D mrkII
EF100mm macro F2.8L IS