サツキマス(アマゴ)の稚魚

アマゴの幼魚

例年、色々な稚魚が多く集まっていた葦地帯が礫と砂で埋まっていて、溜まりが流れに変わっていて稚魚は一匹もいませんでした。
川の様子は毎年変わるので、いつも同じ場所で撮影とはいきませんね。
2㎝~3㎝ほどに成長したサツキの稚魚も、所々小さくなったワンドに少数づつ分かれて、一生懸命捕食していました。

Photo Date
サツキマスの稚魚:錦川水系 -0.1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


スナヤツメ南方種  アンモシーテス幼生

スナヤツメ南方種 アンモシーテス

錦川水系のかなり上流部で砂を掬ったところスナヤツメのアンモシーテス幼生を発見。
この時期、水温も低くあまり活性がないのか、ある程度楽に撮影する事ができました。
アンモシーテスの時に砂中で生活する為に、まだ目がありません。

Photo Date
スナヤツメ南方種  アンモシーテス幼生:錦川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


モクズガニ

モクズガニ

この時期の汽水域はモクズガニが産卵で上流から降りてきています。
ここで卵を産んでゾエアを放出して、その稚ガニ達はまた上流を目指して遡上していきます。
遡上を阻害する人工物が少ない河川が増えてほしいですね。

Photo Date
モクズガニ:日本海流入河川 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


スミウキゴリの婚姻色

スミウキゴリの婚姻色

冬の汽水域もアオノリの仲間がだんだんと茂ってきて鮮やかな緑に染まりつつあります。
海も川も透明度が良く、汽水域も濁りが全くない状態のコンディションの中、いろいろと生物を観察してきました。
石の下では卵を守る個体も見れる中、石の影に隠れていた婚姻色のでたスミウキゴリの雌です。

Photo Date
スミウキゴリの婚姻色:日本海流入河川 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


瀬戸内海

アワサンゴ群生地アイナメの卵保護漁のかご

久しぶりの瀬戸内海。
水温が高めで透明度が良いとのことなので、アイナメの卵を守ってる個体とアワサンゴの群生地を観察に行ってきました。
浮遊物も少なめである程度抜けているので、ワイド撮影にはよいコンディションでした。
アイナメも卵が増えていたようで、しばらくは観察できそうです。

漁師さんの籠の中にはササノハベラばかり(笑)

Photo Date
1月の瀬戸内海:m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


クマドリカエルアンコウの幼魚

クマドリカエルアンコウyg

昨年の潜り納めは柏島へ。
中々北風が止まずに海は荒れ気味でしたが、水中へ入れば気持ちの良い冬の青い海が広がっていました。
今年も海はワイドマクロ撮影が中心となりそうです。

Photo Date
クマドリカエルアンコウの幼魚:柏島 -18m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM