カテゴリー : 青海島

ヤサガタハダカカメガイの捕食

ヤサガタハダカカメガイの捕食ヤサガタハダカカメガイヤサガタハダカカメガイの捕食

ヤサガタハダカカメガイの捕食対象はクリイロカメガイのようです。
湾内に流され、狭い場所で密集するとかなりの確率で目撃されているシーンですが、
捕食する瞬間を撮影したのは初めてであります。

写真一枚目のように頭部から触手のようなものが伸びてきて、
最後の写真のようにクリイロカメガイはなすすべも無く食べられてゆきます。

Photo Date
ヤサガタハダカカメガイの捕食:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


ツノウミノミ

ツノウミノミツノウミノミツノウミノミ

クラゲなどの浮遊物につくウミノミとは違って自ら泳ぐウミノミのようです。
浮遊系生物撮影の第一人者の峯水亮さんから、その名前を聞きましてツノウミノミというそうです。
大きさは大豆ほどの大きさで、たまに爪のついた足?のようなものを伸ばして高速で泳ぎ回ります。

このような生物の名前を調べるのには、資料が無いので本当に苦労します。

Photo Date
ツノウミノミ:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


ホウボウの捕食

ホウボウの捕食ホウボウの捕食

共食いをしているのか? 
砂地にはホウボウやカナガシラの子供が餌を探してあつまってきています。
そんな同類ぽい幼魚を丸呑みしているホウボウです。

Photo Date
ホウボウの捕食:青海島 -15m


エゾアイナメ系の仔魚?

謎の仔魚謎の仔魚

ぱっと見にはたまにクラゲなどと浮遊生活をしているエゾアイナメなどの幼魚をさらに小さくした感じの魚です。
大きさは5mm程で、クラゲ、サルパなどの浮遊生物にまぎれて泳いでいました。
すっかり浮遊生物が少なくなり夏の海のようですね。

Photo Date
魚類の一種:青海島 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


オオカズナギ

オオカズナギのバトルオオカズナギのバトル

今年もオオカズナギの繁殖行動はピークは短かったような気がします。
数年に一度は巣穴以外でもあちらこちらで戦う姿が見れる年があるのですが、今年は多くも少なくもなくといった感じでした。
この日は浮遊系がサッパリだったので、久しぶりにオオカズナギの巣穴を覗いて見ると、軽いいざこざがあって一瞬に戦いも決着したかに思えたのですが、続いてもう1匹現れて激しい戦いになりました。

久しぶりにワイドを持っているときにこの光景に出会えた気がします。
青海島ダイビングの春の風物詩で何度見ても迫力のある戦いですね!

Photo Date
オオカズナギのバトル:青海島 -12m
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


ヒョウモンダコの抱卵

ヒョウモンダコの抱卵ヒョウモンダコの抱卵ヒョウモンダコの抱卵開口部を開けられた二枚貝

長い事いつ居ているヒョウモンダコが卵を抱えだして、卵の中の子供もしっかりとタコの形になってきた所で残念です。
タコに限らず卵を守る二枚貝などの隙間はかなり狭く撮影はかなりの難易度になります。
ただそこで貝を開いて撮影する人がいたようで(写真4枚目)、そうなると中に外敵がはいってこれるようになり、卵の放棄や巣穴を移動してしまいます。
あと少しで子供達がハッチアウトする姿が見れたであろう巣穴はからっぽになり、貝類やアナハゼの子供などが住み着いていました。
代わりといってはなんですが、巣穴に戻る別の卵を抱えたヒョウモンダコを観察する事ができたのですが、見ているとあの狭い隙間にするすると入っていきました。
入ってしまうと卵をしっかりとガードしてじっと動かなくなりました。
卵はまだ新しく、子供が育つまではしばらくかかりそうです。

巣穴を破壊しなければ、また来年もこの巣穴を使って観察できたので、撮影できなかっただけでなくいろいろと残念ですね。

Photo Date
ヒョウモンダコの抱卵:青海島 -13m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS