カテゴリー : 青海島

クサウオの卵と仔魚

クサウオの卵塊ハッチアウト直後のクサウオ

クサウオの観察もそろそろ終わりを向かえます。
かなりの卵塊がハッチアウトをしていって、残りもあとわずかです。
今回はそんな巣立っていく仔魚をマクロレンズで撮影してみました。

ハッチアウトしきれなかった仔魚

ほとんどハッチアウトが終わった卵塊に寄ってみると、卵から出きらずに死んでしまった仔魚も多いようです。
自然は厳しいですね…。

Photo Date
クサウオの卵と仔魚:青海島-18m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


フクラヤムシとウミノミ

フクラヤムシとウミノミフクラヤムシとウミノミ

冬の青海島には珍しく北風も収まって、外洋側も凪いでいました。
海の中は一面フクラヤムシとカイアシ類だったのですが、これといった浮遊生物は見つけられませんでした。
そんな中、ウミノミに食べられてるのかな?
フクラヤムシがクルクルともがいていた写真です。

Photo Date
フクラヤムシとウミノミ:青海島-5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


クサウオのハッチアウト

クサウオの卵保護クサウオのハッチアウト

この冬は順調にクサウオの産卵が見ることができ、卵はどんどんと産みつけられていって、初期の卵は孵化を始めました。
この日も撮影中にハッチアウトする仔魚も見られましたが、一斉に旅立っていくほどの規模ではなく、ワイドレンズだったこともあり、写真に写っていたというレベルです。

ハッチアウト寸前のクサウオの卵

この写真の卵は翌日にほとんどハッチアウトが終わったようですが、続いて産み付けてあるので、しばらく孵化する様子がみれると思います。

Photo Date
クサウオのハッチアウト:青海島-18m
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


甲殻類のゾエア幼生

ゾエア幼生

海は荒れ続けて中々浮遊系生物が出来ないのですが、昨年の青海島の写真で、水中ではヤジロベエの様なバランスをとりながら浮遊しているゾエア幼生です。

Photo Date
甲殻類のゾエア幼生:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


クサウオの産卵

卵を守る雄のクサウオ縄張り争いをする雄のクサウオクサウオクサウオの卵

クサウオは普段は深い所で生活しているのですが、産卵の為にこの時期は浅瀬に上がってきます。
昨年は見ることができなかったクサウオの卵を今年は確認することができました。
無事に育てば年明けから仔魚がハッチアウトしていく姿まで観察できるので楽しみですね。

すでに最初に卵を守っていた雄は追い払われて2代目のクサウオの雄がこの縄張りを守っているようで、時折、他の雄がちょっかい出しにきて、そのバトルはなかなか迫力です。

Photo Date
クサウオの卵保護:青海島 -18m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ゾウクラゲの仲間

ゾウクラゲの仲間ゾウクラゲの仲間

ゾウクラゲの仲間もいろいろいるようですが斑点に貝殻を持ってないタイプです。
冬型がきつく青海島はしばらく外海にはでられそうにないですね・・・。

Photo Date
ゾウクラゲの仲間:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS