カテゴリー : 青海島

サケガシラ

サケガシラサケガシラ

強い南風がようやく吹き荒れた青海島。
この南風が吹くと湧昇流が起こり深海生物が吹き上げられてくると思われています。
案の定翌日には大量のサルパ、クラゲと共に深海性の生物が多く見られました。
その中で今年は日本海側で打ち上げ報告がおおいサケガシラも湾内に押し寄せられてきたようです。
先日の若魚よりかなり大きく、尻尾部分は食べられてたのか切れてしまっていましたが、元気に泳ぐ深海魚を見ることができました。

サケガシラとダイバー

ダイバーと比べるとこのような感じになりますが、大きいものは数メートルあるので、まだまだ大きくなるのでしょうね。

Photo Date
サケガシラ:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


春の青海島 浮遊系生物

タルマワシの仲間サクラエビの仲間エビのフィロゾーマ幼生ウキゴガイの仲間

今年の青海島の春はどうもイカ・タコ類がいまひとつのようです。
甲殻類などはコンスタントに出ているのですが、強い南風が吹いていないのも原因なのか・・・。
定期的に撮影には行っているので、撮影している浮遊系生物を4種類紹介します。

1,タルマワシの仲間
2,サクラエビの仲間
3,フィロゾーマ幼生
4, ウキゴカイの仲間

Photo Date
青海島: -3~5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


マメツブハダカカメガイ

マメツブハダカカメガイマメツブハダカカメガイにのるウミノミ

マメツブハダカカメガイはクリオネと同じハダカカメガイの仲間です。
初めて見たのですが、どこかの画像で見たことあるなと思いながら撮影しておきました。
太平洋側では多いようですが、青海島では過去ほとんど見られたことがない種です。

この日は多くのウミノミが浮遊していたのですが、クラゲなどの乗り物が少なく、ゴミなどあらゆる物に乗っかっていました。

Photo Date
マメツブハダカカメガイ:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


トウカイナガダルマガレイ の幼魚

トウカイナガダルマガレイ トウカイナガダルマガレイ

実際に撮影してみたかったカレイの幼魚を見ることができました。
ちょうど入ってきた潮に纏まっていたようで、青海島でもシーズン通して滅多に見れないのですが、
3日連続見ることができたようです。
それにしても体と同じ長さの背びれの本当に見事です。

Photo Date
トウカイナガダルマガレイ の幼魚:青海島 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


キアンコウの幼魚

キアンコウの幼魚

3日間に及ぶTV番組の撮影が終了しました。
水中撮影では初になるであろう浮遊系生物にクローズアップした番組になるようです。
青海島では春の風物詩になっているキアンコウの幼魚もそんな浮遊生物の人気者です。

Photo Date
キアンコウの幼魚:青海島 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


サケガシラ属の幼魚

サケガシラ属の幼魚サケガシラ属の幼魚

赤潮交じりの浮遊物が多く濁り気味の海況でしたが、その濁りが切れ視界が開けた先に銀色に生物が・・・。
近づいて良く見ると、深海魚であるサケガシラ属の幼魚のようです。
大きさは全長15cm程の小型で、まだ元気な鰭も綺麗な個体でした。
4月早々からすばらしい出会いです・・・。

Photo Date
サケガシラ属の幼魚:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS