カテゴリー : 青海島

浮遊生活 エビの仲間

エビの仲間浮遊生活 エビの仲間

青海島で一番多く見れるエビの幼生で、乗れるものには何でも乗ってしまいます。
1枚目はトリミングで拡大していて、すでに綺麗なドット柄が見ることができますね。

Photo Date
エビの仲間:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


箒虫アクチノトロカ幼生

ホウキムシの仲間 アクチノトロカ幼生

被写体が小さくなればなる程、正確な中性浮力が撮影に影響してきます。
クルクル不規則な動きで漂ってるので、やっと撮れたという感じ。 (^^;
箒虫(ホウキムシ)の仲間はアクチノトロカ幼生となって浮遊生活するようで、この時期沢山漂ってるのが見れます。
大きさは3mmぐらいか? マクロレンズが肉眼では見えない世界を見せてくれます。

Photo Date
ホウキムシの仲間 アクチノトロカ幼生:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


ダンゴウオの子供

天使のダンゴウオダンゴウオの稚魚

前記事の親ダンゴウオから生まれてくるのが、頭に天使の輪をのせたダンゴウオの稚魚です。
大きさは3mm程、もう少し大きくなるとすぐにこの天使の輪も消えてしまいます。
この日本海の山陰地方では春を告げる風物詩です。

Photo Date
ダンゴウオの子供:青海島 -13m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


ダンゴウオの親

親ダンゴ親ダンゴダンゴウオの親ダンゴウオの親

今日は南風に浮遊系を期待して青海島へ行ったのですが、微妙な南西の風で浅場はウネリの影響をうけていました。
1本目は今年は早々に現れたダンゴウオの子供を撮影に行ったのですが、バディが天使ダンゴを撮影してる間に色々と探していると、なんと親ダンゴを発見しました。
この時期見るのは初めてで、今まで青海島で見たダンゴウオでは断トツの大きさでした。
大きいだけにブサイク度も一際です・・・。

Photo Date
ダンゴウオの親:青海島 -13m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


エボシクラゲの仲間

クラゲの仲間

気がつけばもう3月・・・。
アレやコレもとフィールドへ出ていかなきゃと思っている間に今年も寒いシーズンが終わってしまう!!!

追記:エボシクラゲの仲間と情報いただきました m_ _m

Photo Date
エボシクラゲの仲間:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


カラカサクラゲ 捕食中

捕食中のカラカサクラゲ捕食中のカラカサクラゲ

この日は捕食しているカラカサクラゲがよく見れました。
1枚目はかなり消化されていて、その先端が蛍光色に光ってますが、傘まで光る個体も見ることが出来ます。
2枚目の方はやけに長い稚魚が食べられてますね。  稚魚の種類も気になります・・・。

Photo Date
捕食中のカラカサクラゲ:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS + CL