カテゴリー : 青海島

シャコの仲間

シャコの仲間シャコの仲間

今年の青海島はコンディションがあまり良くない日でもコンスタントに浮遊系生物が観察できてるようですね。
撮影する人も多くなって、見る目も増えたということで、初めて観察される生物も多くなっています。
このシャコの仲間が浮遊しているのも初めて見れました。
小指ぐらいの太さで3~4cm程でしたが、体はしっかりシャコの形をしていましたが、まだ体は透明で透けていました。

深海魚系が一番見られやすい季節なので、日々青海島のログから目が離せないですね。

Photo Date
シャコの仲間:-5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


エビの仲間

エビの一種 フィロゾーマ?エビの一種エビの一種エビの仲間

ここ数日見れているエビの仲間です。
これが成体なのか、ゾエア?などの幼生なのか判らないのですが、尾っぽ部分は蛍光緑に発色して、
ゾエアなどに見られる突起した殻が見られます。
遊泳脚を数本もっていて、クラゲなどに混じり、たまに泳いだりして浮遊していました。
大きさは1~2cm程で同定までは難しいかもしれませんね・・・。

Photo Date
エビの仲間 ゾエア幼生?:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


今年もヤツデイカ

ヤツデイカ幼体ヤツデイカ青海島のヤツデイカ

一昨年、昨年と青海島の船越湾内で見ることができた深海に住むヤツデイカを今年も見ることができました。
ヤツデイカはイカではありますが、大きくなるにつれて触腕が切れてなくなり名前どおり8本足になるようです。

この日は浮遊生物が湾内いっぱいにいたので、何か深海系の生物がでるのではと話していて、生きたアオイガイなども打ち上げられていて、湾内は不思議生物に包まれていました。
今日の現地の情報によると深海系の幼魚も見れたらしく、3月から強い南風が吹く事が多く、浮遊生物の観察には良い年のようです。

Photo Date
ヤツデイカの幼体:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


アオイガイ

青海島 アオイガイ船越湾内 アオイガイ
浮遊系 アオイガイアオイガイ

本日の青海島船越湾内は一面サルパや植物性プランクトンだらけで何か期待させる雰囲気でした。
そんな中でピンポン玉サイズのアオイガイをビーチ際で見ることができました。
アオイガイは貝に乗って浮遊しながら生活する変わったタコであります。

ずっと見たかった生物だったので、途中、ワイドレンズに交換してじっくりと撮影です。
あいにく風が出てきて水面が波立ってたので水面下の写真が思うように撮れなかったのが心残りですが…。

しかし、色々と珍しい生物が流れてくる不思議なビーチですね~。

Photo Date
アオイガイ:青海島 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS (2枚目)
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL (1.3.4枚目)


オオタルマワシ

樽なしオオタルマワシオオタルマワシ 黄色

今年も早々とタルマワシを確認できたのですが、この時期は小さいし樽をもってない個体が多いようです。
色も様々なようですが、青海島は透明か黄色バージョンしか見たことありません。
1枚目は先日撮った樽なしの個体、2枚目は去年みた同じく黄色バージョンのオオタルマワシです。


こちらは撮影風景で浮遊系生物の中では比較的大きな被写体です。
ただカメラを向ると一生懸命お尻を向けようと回り続けます (^^;

オオタルマワシ撮影中


Photo Date
オオタルマワシ:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
Canon Eos 5D markⅡ(2,3枚目)
EF100mm macro F2.8L IS + CL


キホウボウ科の一種

キホウボウ科の一種キホウボウ科の一種

サイズは小さいですが、今年もキホウボウ科の一種が登場しました。
ただどの個体も弱っていて、クラゲに食べられるのも時間の問題という感じでした。
魚類が増えてくると、浮遊系の被写体探しも楽しくなってきます!

Photo Date
キホウボウ科の一種の幼魚:青海島 -5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS + CL