カテゴリー : 県外の河川

ミヤベイワナの産卵行動

ミヤベイワナのペアミヤベイワナの産卵行動産卵直後のミヤベイワナの雌

日程2日目の午後にペアリングするミヤベイワナを見つけたので、Goproを仕掛けつつ他の場所で群れの撮影をしていました。
夕方になっても産卵は終わらないのでGoproを引き上げて、翌朝に見るとまだペアリングしていたので、撮影しよかと思い準備してる時に目の前で産卵してしまいました。
3枚目は産卵後のミヤベイワナの雌で、ゴギと同じように精子をかき混ぜるように舞う姿がみれました。
この時期はまだ産卵には早いようですが、撮影は出来ずとも、このようなシーンに会えたことは嬉しかった出来事の一つです。

Photo Date
ミヤベイワナの産卵行動:然別湖流入河川 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM
GoproHERO4(2枚目)


ミヤベイワナとレインボートラウト

ミヤベイワナとレインボートラウト

雨雲が多い中、今年の北海道遠征は帯広地方にある然別湖周辺での撮影となりました。
然別湖でしか見る事の出来ないミヤベイワナの遡上時期になり、その姿を探しに流入河川に向かいます。

例年のポイントに案内してもらったのですが、今年は数がおらずミヤベイワナもまばらな状態で、その場所は諦めてそれらしき場所を探し歩くと、倒木の下の掘れた所にミヤベイワナの群れと巨大なレインボートラウトが隠れていて、40cmオーバーのミヤベイワナに感動しておりましたが、それを圧倒するさらに巨大な60cmオーバーのレインボーに時間を費やしてしまいました。

Photo Date
ミヤベイワナとレインボートラウト:然別湖流入河川 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


広島県のカネヒラ

カネヒラ

カネヒラの貝覗き

_60A0875

秋タナゴの産卵時期を迎えました。
広島県の山間部でカネヒラが活発的に繁殖行動をしています。
だんだんと二枚貝が住む環境が少なくなる中、身近な川にこのような所が残っているのは嬉しい限りです。

Photo Date
カネヒラの繁殖行動:江の川水系 -0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


濃尾平野のイタセンパラの動画

イタセンパラ

イタセンパラの雄を確認した後、集中して目撃されたエリアにGoproを仕掛けてみたところ、見事に雄と雌のグループがカメラの前に現れてくれました。
時期を迎えれば、この周辺で産卵にいたっているのだと思います。

Photo Date
濃尾平野のイタセンパラ:-0.5m

【 Youtube.comに移動して、高画質に変更するとHDの画質のよい映像が見ることができます 】


濃尾平野のイタセンパラ

イタセンパラの雄

イタセンパラの雄イタセンパラの追星

国の天然記念物に指定され、環境省レッドリストの絶滅危惧IA類(CR)と絶滅が心配されるイタセンパラです。
すでに生息地となる河川の増水などで出来るワンドやタマリ、ため池などが減少して、さらに産卵する為の二枚貝が減少してと、かなり生息域が狭まり、富山、淀川水系、濃尾平野の3地域のごく一部でしか生息していません。

いつかは自然下の個体の撮影をしたいと思っていたタナゴで、この夏に若い雌の個体を見かけたとの情報を頂いて、急遽、濃尾平野へ遠征に行ってきました。
長雨での河川の増水、濁りが取れず視界不足、道なき道を機材を運ぶポイントまでのアクセスと想像を超えるハードな撮影となりましたが、最後の最後に雄の個体を撮影することができました。
今回は姿を納めるのが最大の目的だったので、マクロレンズのみでしたが、アクセスなどの総合的に撮影できる場所の確保が出来たことで、今後、さらに様々な撮影も可能となりそうです。

Photo Date
濃尾平野のイタセンパラ:0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF-S60mm F2.8 macro USM


再びムツゴロウ

ムツゴロウの求愛ジャンプムツゴロウの求愛ジャンプムツゴロウの求愛ジャンプ

ムツゴロウの求愛ジャンプの写真です。
炎天下の日だと日焼けも凄く、熱中症にならないよう気を付けないといけないですが、ムツゴロウと向き合う時間は本当に楽しいですね。

今年は雨が本当に多くて、何度も佐賀入りできずにシーズンを終わりを迎えそうです。
もう一度ぐらいいけるとよいのですが・・・。

Photo Date
ムツゴロウの求愛ジャンプ:有明海流入河川
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL