カテゴリー : 県外の河川

カジカ


空梅雨の6月でしたが、雨が降り出した下旬から雨天がつづきます。
そんな感じで撮影の方もいまいちすすんでおりません。

写真は岩に同化して隠れるのが上手なカジカです。
どこにいるか判るかな?

Photo Date
カジカ:太田川水系 -0.2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


琵琶湖の固有種 イサザ


ハゼ科のイサザは琵琶湖の固有種。
今年は数が少ないとの事でしたが、潜ってみる数も以前よりかなり少なかったです。
コアユも接岸してないようですし、雨もあまり降らず、今年は色々と季節感がおかしい年なのかもしれません。
写真のイサザはきれいな婚姻色をだしておりました。

イサザ:琵琶湖-5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ニゴイの追星


琵琶湖の水深10m付近の岩礁地帯に多くのニゴイが集まっていた。
忙しく泳いで餌を取るわけでもなく、婚姻色の黒っぽく追星がでたオスとメスの姿も見えるのだが、みなじっと水底に横たわっていて、狭い範囲に固まっている。
琵琶湖で見た不思議な光景の一つです。
Photo Date
ニゴイの追星:琵琶湖-10m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ゼゼラ


2年ぶりとなった琵琶湖遠征はちょうどイワトコナマズの産卵の時期・・・だったのですが。
なぜか湖岸にナマズの姿は見えず、コイなどの接岸も見れないさみしい状況。
イワトコを捜索中に砂泥地に出ると小魚が多く、そんな中で琵琶湖で初めてゼゼラを見ることができました。
これも婚姻色をしっかりと出した個体を撮影したい種であります。
Photo Date
ゼゼラ:琵琶湖 -2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ヒガイの産卵行動


昨秋、カネヒラの撮影をしていた時にちらほら見つけた若魚のヒガイも、タナゴ類と同じく二枚貝に産卵をします。
春産卵との事でGW明けに撮影に行ってきました。
秋ごろは見なかった大型の雄雌が見れ、オスは追星がはっきりと出て黒ずんだ婚姻色になっていました。
ビデオでの産卵行動はできたものの、写真の方はタイミングが難しくさらに撮影が必要のようです。

Photo Date
ヒガイの産卵行動 江の川水系:-0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


スナヤツメの産卵の瞬間


今年は色々と繁殖期が遅れ気味の撮影が続きましたが、4月下旬に入りスナヤツメは順調に産卵しておりました。
浅場で多数で産卵床作りをしていた集団を狙い、じっくり観察しながらの撮影です。
産卵床を掘り終えるとメスが石に張り付いて産卵の準備に入り、オスが卵を絞り出すようにメスに巻き付き産卵をします。
写真は絞り出された卵が見え、このタイミングの少し後には、小粒の卵が舞い上がるのも観察できます。

Photo Date
スナヤツメの産卵:瀬戸内海流入河川-0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM