カテゴリー : 琵琶湖

ニゴイの捕食

ニゴイの捕食

琵琶湖へ注ぐ河川の河口付近に集まる小アユの群れ・・・それを追い回すニゴイの仲間がいました。
あのおちょぼ口でアユ食べれるのかな? もう少し透明度がよいと良かったのですが・・・。

Photo Date
ニゴイの仲間:琵琶湖流入河川 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ブラックバスの卵保護

オオクチバスのペア産卵床を守るバスバスのペア産卵床とバス

サンフィッシュ科のオオクチバスは特定外来種に指定されていて、もともと生息している日本淡水魚にとっては厄介者であります。
琵琶湖を潜っているとビックリするぐらい大きなブラックバスを見かけます。

※ ノーザンバスxフロリダバスなどの交雑が進んでいるようで、オオクチバスとは断定できないようです。

この産卵床を守っていたバスも50cmクラスの雄で、同じサイズのお腹がパンパンになった雌が2匹周りを泳いでいました。
最初は遠巻きだったバスも産卵床が気になるのか、次第に自分を気にしなくなって寄ってくるように・・・。
最後は雄がフィンに噛み付いて威嚇してきていました。
大きな産卵床に乱雑に生みつけられていた卵はまだ産みたてのようで、孵化まではしばらくかかりそうです。

Photo Date
ブラックバス:琵琶湖 -2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


琵琶湖の三種のナマズ

ナマズイワトコナマズビワコオオナマズビワコオオナマズと自分

今年も琵琶湖ダイビングへ行ってきました。
ただ昨年は20度あった水温が、今年はまだ14度前後と低く、魚もあまり元気はありませんでした。
去年はあちらこちらで見れていたナマズの産卵も気配もなく、水温と共にすこし例年より遅れているようです。

水中に入るとナマズの姿は沢山みることができました。
観察メインであまり撮影してないのですが、琵琶湖に住む三種のナマズは撮影できていたようです。
1枚目はナマズ、2枚目はイワトコナマズ、3,4枚目はビワコオオナマズです。
ビワコオオナマズですが、昨年見た明らかに1mオーバーの個体より一回り小さかったですが、数は多く見れました。
最後の写真はセルフタイマーでビワナマ入れて自画撮りです >°))))彡

Photo Date
ナマズ、イワトコナマズ、ビワコオオナマズ:琵琶湖 -3~10m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


琵琶湖のゲンゴロウブナ

琵琶湖のゲンゴロウブナ

琵琶湖の固有種で既に生息数も少なくなっていると言われているゲンゴロウブナです。
環境省レッドリストでは絶滅危惧IB類(EN)に分類されていて、養殖用に改良されたヘラブナの原種のようです。

初めての潜水撮影でさまざまな種を撮っていた中に一枚だけ撮影できていた写真なので、今年も会うことができたならばじっくりと撮影したいと思っています。

Photo Date
ゲンゴロウブナ:琵琶湖 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL


フナ類 ギンブナ?

ギンブナ

そろそろ春が近くなってきましたので、琵琶湖方面の遠征を計画しています。
今年は50mmぐらいのレンズで図鑑風に生態写真を撮ってみようかと思っています。
写真は巨大フナ。 琵琶湖ではヒラワと呼ばれているようで、大きさはなんと50cm程!!
こんな大きなフナもいるんですね。

Photo Date
フナ類 ギンブナ?:琵琶湖 -10m
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS


ビワヒガイ

ビワヒガイの婚姻色南湖のビワヒガイビワヒガイ

ビワヒガイはコイ科カマツカ亜科の琵琶湖の固有種です。
タナゴ同様に産卵管を二枚貝に挿入して卵を産み付けて、貝の中で孵化させるようです。
3月末に写真2枚目の琵琶湖の南で撮影した固体はほんのりと婚姻色がでていて、4月末に撮影した1枚目の固体は、全身が真っ黒になり顔は追星だらけで産卵まっさかりといった具合でしょうか。
6月初めには3枚目のような普通の体色に戻った固体が多く見れました。

来年は産卵しているシーンをみてみたいものです。

Photo Date
ビワヒガイ:琵琶湖 -1~3m
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL
EF100mm macro F2.8L IS