カテゴリー : 瀬戸内海

???

 

 


上関でのダイビングですが、シルト地帯でアミを一緒懸命食べている幼魚を発見。
大きさ2cm程、テンジクダイの子供なのか???と興奮してシャッターを切っていましたが、
PCで見てみると、この模様の入り方はもしかしてメバルの子供?
なにも隠れる所のない砂泥地で大きくなっていくんでしょかね?

※情報頂きましてムツの幼魚ではないかと!

Photo Date
???:上関 -18m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


アミの仲間

 

 


深い川でも潜れる様にと去年の秋にマイタンクを1本購入してまして、
今日は午後から屋代島へ行こうか、川へ行こうかと悩みつつ、あれこれ用意してるうちに時間が経ってしまったので近所の海でもぐってきました。
余り人気のない所だと密漁とまちがえられそうなので(笑
人がいるエントリーしやすい浜から堂々と入り何事もなく・・・。

水は瀬戸内海でも流石に冬だけあって透明感もあります。
-15m過ぎた辺りから濁りがでてきたとおもったら超シルト地帯を発見。
これは降りてけばアカタチでもいるかーっと思いましたが、サブ器材でコンパスもなくて、残圧も半分切ってたので安全をとって撤収~(´ェ`*)

いたるところにスナギンチャクが咲いてまして、エビがついてるのかと思ったら、どうやらアミの仲間のようです。
結構大型で1.5cm程ありました。 みょうに目が大きいアミですね~。

次回は一気に深い所まで狙ってみたいと思います!

Photo Date
アミの仲間:上関 -15m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


マダコの抱卵


2ヶ月半ぶりの柏島へ出発します。
子供が急に熱出したので、またまた一人旅(´ェ`*) のんびり潜ってきます。

写真はタコ壺の中に卵を抱えるマダコです。
少しづつ目が見えてる卵が増えてきてますが、ハッチアウトが先か漁師さんに上げられるのが先か・・・。
壺を上げても卵もってたら海に戻してくれるのかな?  気になる所です。

Photo Date
マダコの抱卵:屋代島 -7m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


ニホンアワサンゴの産卵


松山からkei君がニホンアワサンゴの産卵を撮影しに来るとの事で、
午後から合流して屋代島(周防大島)で潜ってきました。

この島ではちょうど1年ぶりのダイビングです。

コンディションは透明度も悪く、浮遊物も浮きまくると最悪でしたが、レモンちゃんのガイドを交えつつ日が暮れるまでゆっくりと撮影を楽しみました。

そのニホンアワサンゴの産卵を迎えた個体の写真です。
サンゴの中に透けて見える小さい粒がプラヌラ幼生で、それを産卵します。
ハードコーラル系の一斉産卵とは違って1個づつポコポコ幼生がでてくるらしいのですが、
出てきそうで出てこない状態でした(笑

しかし群生地全体が産卵間近なのでタンク1本粘ればハッチも撮れるのじゃないでしょうか (^―^)

Photo Date
ニホンアワサンゴの産卵:屋代島 -10m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL