カテゴリー : 瀬戸内海

ドロメの幼魚


干満の差が激しい瀬戸内海ですが、近所には砂浜、ゴロタ浜が多くてなかなかよい潮溜まりがないんです。
この場所は唯一潮が大きいと結構な潮溜まりがでてきて、色々と生物が観察できます。
カメラを動かせないような小さな潮溜まりでミミズハゼを撮影してたんですが、
いつの間にかドロメの幼魚に変わってました・・・(°□°;)

Photo Date
ドロメの幼魚:瀬戸内海 -15cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


ハナオコゼ


この写真を見て瀬戸内海はとても想像できないですね~。

その青い海に浮かぶ流れ藻についていたハナオコゼですが、
まさか瀬戸内海で見れるとは思ってもいませんでした(°□°)

こうやって見ると瀬戸内ブルーと呼んでも良いぐらい綺麗な海ですね!

Photo Date
ハナオコゼ:屋代島沖 -30cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF17-40mm F4L USM


カブトガニの産卵


瀬戸内海にはまだある程度の数が生息している生きた化石のカブトガニ。
ちょうど産卵の時期という事で撮影したのですが、南風が強く濁りが岸に打ち寄せて水中の透明度は30cmほどしかありませんでした・・・。
そんな状況の中なんとか交接してるペアを発見できて良かったです。

1枚目、雌が潜り後ろに雄がくっついています。
このまま産卵が終わると2匹つらなって海の中へ消えてゆきました。

2枚目は潮が引いた干潟でみれたピンポン玉ほどの7~8齢です。
毎年脱皮しながら大きくなるようで7,8歳でもまだこの大きさです。

3枚目は死んで打ち上げられたカブトガニで、浜に打ち上げる強い風なのか、3個体ほど打ち上げられてました。

昔は歩けばカブトガニを踏んだと言うぐらい多かったようですが、
干潟の減少と水質汚染によりかなり数はへっているようです。
干潟は海を浄化して本当に多様な生物で溢れていますのでいつまでも守ってゆきたいものですね。

Photo Date
カブトガニの産卵:瀬戸内海 -30cm
Canon Eos 5D markⅡ
AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5


ユウレイクラゲとエボシダイ科の仲間


瀬戸内海も豊後水道の潮流が多く入ってくる辺りにさしかかると海が青くかわります。
その青い瀬戸内海に浮かぶ大型のユウレイクラゲに、エボシダイ科の仲間やアジの仲間がついていました。

スナメリ撮影用にセットしていた、ストロボ&ライトなしのズームレンズ使用での撮影です。

Photo Date
ユウレイクラゲとエボシダイ科の仲間:屋代島沖 -1m
Canon Eos 5D markⅡ
EF17-40mm F4L USM


コケギンポ


先日見つけていた強気なコケギンポと一本勝負。
左~右~左~と威嚇してくると、内臓まで見えそうですね。

Photo Date
コケギンポ:屋代島 -2m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


ハオコゼとニホンアワサンゴ


久しぶりの瀬戸内海は水温も17度まで上がり快適な水温になってきていました。
これといった被写体は見つからなかったんですが、産卵期真っ盛りの元気なハオコゼが水温が上がってきて元気よくなってきたニホンアワサンゴの中で一休みです。

Photo Date
ハオコゼとニホンアワサンゴ:屋代島 -13m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS