カテゴリー : 瀬戸内海

シイラの生態写真


瀬戸内海のブルーウォーターダイビング第2弾です。
といっても今年は台風も近づいてないからななのか、全体的に浮遊物と濁りがひどい感じです。
このポイントも豊後水道の水が入ってくるあたりですが透明度はいまいちぱっとしてませんでした。
水温は高くシイラの数はかなりいるのを確認できましたが、メートル級の巨大なのを見てみたいですね。

船でしか行かない所なので、ある程度人数を確保すればLove&Blueの小川君が船を出してくれてガイドしてくれますよ~。

シイラの水中写真はなかなか見当たらないですね~。

Photo Date
シイラ:瀬戸内海 -5m
Canon Eos 5D markⅡ
EF17-40mm F4L USM


ブリの子供


瀬戸内海の新しいポイント開拓にいってきました。
出世魚のブリの子供、関西ではツバス~ハマチ、関東ではワカシ~イナダと呼ばれるサイズがかなり群れています。
他にはツムブリ、カンパチ辺りもいたでしょうか。
しかし、今年はこのところ全体的に濁りが入っている瀬戸内海です。

Photo Date
ブリの子供:瀬戸内海 -2m
Canon Eos 5D markⅡ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO


イトヒキハゼ


瀬戸内海では唯一見応えある共生ハゼでしょうか…。
魚の動きで視界も切れるような泥地帯に住んでおります。

ひと段落したので泥地帯へひとっ走り遠征してきます!

Photo Date
イトヒキハゼ:屋代島 -12m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


ヤマトオサガニ


目が長いヤマトオサガニは警戒心が強く、
近寄るとすぐに巣穴に潜るのでこんなにいるとは思いませんでした (^^;
望遠で何気なく撮ってみると一面オサガニだらけ!!

干潟遊びも楽しいですね。

Photo Date
ヤマトオサガニ:山口湾 干潟
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS
EF70-300mm F4-5.6L IS USM


漂流系ダイビング


瀬戸内海はほぼ通年ウネリが入ってこないので水面下の撮影には最適!
よほどの風がないかぎり大荒れにはならないので、漂流物につく生物の撮影も容易になります。
スナメリ撮影の最終日に押さえの撮影をした流木ですが、ゆうに4mは超え枝もついたまま流れていました。

先日のハナオコゼもこの流木に付いていたのですが、
これだけ大きいとついている生物の種類、数ともに多く、一つの生態系が成り立っていますね。

Photo Date
瀬戸内海の漂流物とブリの子供:瀬戸内海 水面下
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS
EF17-40mm F4L USM


ドロメの幼魚


干満の差が激しい瀬戸内海ですが、近所には砂浜、ゴロタ浜が多くてなかなかよい潮溜まりがないんです。
この場所は唯一潮が大きいと結構な潮溜まりがでてきて、色々と生物が観察できます。
カメラを動かせないような小さな潮溜まりでミミズハゼを撮影してたんですが、
いつの間にかドロメの幼魚に変わってました・・・(°□°;)

Photo Date
ドロメの幼魚:瀬戸内海 -15cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL