カテゴリー : 瀬戸内海

夜間のカブトガニの産卵


今年は連日連夜カブトガニの産卵地を巡って観察し続けてみました。
観察を続けると撮影の方でも色々と見えてくるものがありますが、環境やタイミングのイメージを膨らませると、チャレンジはまた来年に持ち越しになりそうです。

Photo Date
カブトガニの産卵:瀬戸内海 -0.2m
Sony α7RⅡ
EF8-15mm F4L fisheye USM


カブトガニの産卵


生きた化石といわれるカブトガニも、護岸整備や干潟の埋め立てで絶滅危惧I類に指定されて絶滅の危機に瀕しています。
かつては瀬戸内海の広範囲で足の踏み場もないぐらい産卵していたと聞きますが、今は細々と命をつないでいるようです。
干潟で泥水での撮影が多い中、水の澄んだ砂浜で産卵している個体を見つけました。

Photo Date
カブトガニの産卵:瀬戸内海 -0.2m
Sony α7RⅡ
EF8-15mm F4L fisheye USM


瀬戸内海のタチウオ



明けましておめでとうございます。
ペースが落ちてきましたが、本年もマイペースで更新を続けていきますので、宜しくお願い致します。

年末に、12月から好調と聞いていた、周防大島でのタチウオ撮影に行ってきました。
瀬戸内の濁り気味の透明度に浮遊物、鏡のようなタチウオのボディをストロボで撮影するには高度な技術が必要となります。

※ 1/5 再度撮影に行った写真を2枚目に追加。
水温が1度下がって、タチウオの泳ぎも追えるぐらいに少し活性が鈍ってきた感じでした。

Photo Date
タチウオ:屋代島 -8m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


瀬戸内海の藻場

ハスノハカシパンタツノオトシゴヒメイカムスジガジ藻場

車で日本一周しながら、水辺の写真を1年間かけて撮影している高久至さんが瀬戸内海に立ち寄ってくれました。
山口の瀬戸内側も撮影に適したアマモ場が点在していて、のんびりとした上関町のビーチへエントリー。
ハスノハカシパンが無数にちらばっているエントリー口を進むと、他の海で見るよりは少し大きいヒメイカ、タツノオトシゴ、ムスジガジ、オクヨウジなど観察できます。

Photo Date
瀬戸内海の藻場:上関町 -3m
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL
EF8-15mm F4L fisheye USM


瀬戸内海

アワサンゴ群生地アイナメの卵保護漁のかご

久しぶりの瀬戸内海。
水温が高めで透明度が良いとのことなので、アイナメの卵を守ってる個体とアワサンゴの群生地を観察に行ってきました。
浮遊物も少なめである程度抜けているので、ワイド撮影にはよいコンディションでした。
アイナメも卵が増えていたようで、しばらくは観察できそうです。

漁師さんの籠の中にはササノハベラばかり(笑)

Photo Date
1月の瀬戸内海:m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ニホンアワサンゴの群生

ニホンアワサンゴの群生ニホンアワサンゴの群生ニホンアワサンゴの群生

20年ほど前、地元のダイバーが偶然に見つけたニホンアワサンゴの群生地。
その群生地がある周防大島では産卵期の真っ最中です。

FIX AQUAVOLT 7000αでのフローライト撮影の威力は素晴らしいものでした。

Photo Date
ニホンアワサンゴの群生:屋代島 -10m
Canon EOS 5D markⅢ
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL