カテゴリー : 広島県

カワシンジュガイとアブラボテ


生息地としてはいちばん南限に位置するカワシンジュガイにアブラボテが産卵をします。
雌が雄の群れを引き連れて、一瞬にカワシンジュガイに産卵すると次々と雄が放精をしていくシーンです。
山口県内の最南端のカワシンジュガイは絶滅してしまったようなので、この生息地は無事に保全されていくといいですね。

Photo Date
カワシンジュガイとアブラボテ 太田川水系:-0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


カワヒガイの産卵


今年は天候が安定せずに中々撮影に行けなかったカワヒガイの産卵。
シーズン終わりなので行動自体が消極的だったのですが、この日は3回の産卵シーンを見せてくれました。
雄と雌が母貝を覗きながら、タイミングを合わせ雌は入水管に産卵管を差し込んで、雄は放精します。
ここの河川にはタカハガイ、マツカサガイ、ササノハガイがいるようで、写真の母貝はマツカサガイです。

Photo Date
ヒガイの産卵行動 江の川水系:-0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


カジカ


空梅雨の6月でしたが、雨が降り出した下旬から雨天がつづきます。
そんな感じで撮影の方もいまいちすすんでおりません。

写真は岩に同化して隠れるのが上手なカジカです。
どこにいるか判るかな?

Photo Date
カジカ:太田川水系 -0.2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ヒガイの産卵行動


昨秋、カネヒラの撮影をしていた時にちらほら見つけた若魚のヒガイも、タナゴ類と同じく二枚貝に産卵をします。
春産卵との事でGW明けに撮影に行ってきました。
秋ごろは見なかった大型の雄雌が見れ、オスは追星がはっきりと出て黒ずんだ婚姻色になっていました。
ビデオでの産卵行動はできたものの、写真の方はタイミングが難しくさらに撮影が必要のようです。

Photo Date
ヒガイの産卵行動 江の川水系:-0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


スナヤツメの産卵の瞬間


今年は色々と繁殖期が遅れ気味の撮影が続きましたが、4月下旬に入りスナヤツメは順調に産卵しておりました。
浅場で多数で産卵床作りをしていた集団を狙い、じっくり観察しながらの撮影です。
産卵床を掘り終えるとメスが石に張り付いて産卵の準備に入り、オスが卵を絞り出すようにメスに巻き付き産卵をします。
写真は絞り出された卵が見え、このタイミングの少し後には、小粒の卵が舞い上がるのも観察できます。

Photo Date
スナヤツメの産卵:瀬戸内海流入河川-0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


カネヒラの産卵

カネヒラの産卵

今年はどうしても忙しく、実に一か月ぶりの撮影です。
そんな中、秋産卵のカネヒラの撮影に誘われて、今年も広島県の山間部へ行ってきました。
9月に入って雨予報が多くなる中、当日は日中晴れ間も見えて産卵行動も活発的に見ることができ、産卵行動の瞬間も収めることができました。
メスが二枚貝へ産卵管を伸ばし、口を大きく開けて卵を産み付け、その後オスが貝の中へ放精します。

Photo Date
カネヒラの産卵 江の川水系:-0.5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM