カテゴリー : 山口県内の河川

カスミサンショウウオの幼生


2月、山口県西部でのカスミサンショウウオの産卵の観察から2ヶ月経ちまして、
生まれてきた子供達を撮影しにいってきました。
水深がない泥地帯での撮影に苦労しましたが、今回も徳永さんに数箇所の場所を紹介してもらって無事に撮影終了。

大きさは手足がわかる2cm~3cmほどの個体を中心に撮影して、中には白っぽい個体も見れました。
幼生を撮影してる間に徳永さんが林の方で産卵後に山へ帰る途中のカスミサンショウオの成体を見つけてくれたので、
水辺ではない所で親を撮影する事もできました。

高所の小型サンショウウオもそろそろとの事なので山へいってみたいと思います。

Photo Date
カスミサンショウウオの幼生:山口県西部 -20cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


クボハゼ


山口県の川シリーズが続きます。
水中で一際目を引く色の魚がいました。 
ウキゴリの仲間な感じはわかったのですが、帰ってきて図鑑と見比べてもイマイチ確信がもてませんでした。
唯一、矢野さんの図鑑でそれらしいと思ったのですが、その写真が鮮明ではなかったので、日淡会の画像BBSで質問してその名前がわかりました。
婚姻色を出しているクボハゼのメスの個体で、ニクハゼ同様他の魚とは逆のメスが婚姻色を出すようです。
この魚も国のレッドリストの絶滅危惧IB類(EN)に分類されています。
なにか海のハゼでは中々みれない婚姻色にびっくりでした (^―^)

※ 3枚目クボハゼの雄の画像追加

Photo Date
クボハゼ:山口県西部河口域 -1m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


カマキリ(アユカケ)

 

 


今日は降海型のイトヨを探しに山口県西部の川の河口部で潜ってきました。
タンクを2本持っていって、満潮に合せて河口から上流へ下流へともくもくと5時間程探しましたが見つからず。
まぁ色々と魚は見れたので楽しかったのではありますが (^-^

結構上がっていった所でカマキリ(アユカケ)を発見。
20cm超える巨大な個体でした。
やっぱりドンコより迫力あるなーっと(笑
初めてアユカケを見ましたが、山口県内レッドデータブックでは絶滅危惧IB類に分類されていて希少種のようです。
この日もこの1匹しか見かけませんでした。

水温は10度、海との境がそれほど広くなかったのでさほど塩分は高く無さそうでした。
また別の川を探しにいってみようと思います。

Photo Date
カマキリ (アユカケ):山口県西部河口域 -1m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


カスミサンショウウオ

 

 

 

 

 

 


今日はFBでお知り合いになりました、下関の徳永さんに案内をして頂きまして、
カスミサンショウウオの産卵地を観察してきました。

止水性の小型サンショウウオで大きさは10cm程。
山口県東部には生息が確認されてなく西部のみの生息のようで、
この時期、産卵の為に水場に集まってくるようです。
メスは夜の産卵後、すぐに山林に戻るとのことなので、今日撮影したのは全て雄の個体です。

以前、撮影したブチサンショウウオのようにかわいらしい顔をしていますね~。
山口には他にも数種見れるようなので、機会があれば探しにいってみようと思います。

Photo Date
カスミサンショウウオ:山口県西部 水面付近
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS
Canon Eos 30D
SIGMA28-80mm macro + 魚露目8号 (3枚目)


サツキマスの幼魚

 

 

 

 

 

 


10月のサツキマスの産卵から4ヶ月経ち、卵のその後が気になって雪降る錦川へ撮影へ行ってきました。
錦町を過ぎた辺りから一気に雪景色に変わって行きます。
島根との県境の方へ雪景色を撮影にいったりしながら産卵場所の支流につくと、
雪景色の川はすっかり川底が茶色いコケで覆われています。
ダイコンを持っていかなかったので水温はわからないですが、
10度の瀬戸内海とは比べ物にならないぐらい冷たかったです。

さっそくサツキマスの稚魚を探しにかかりますが、産卵床付近を見渡すも稚魚は見あたらず、
産卵床自体も普段の川底に戻っていました。

川全体に魚影は少なく、傷ついたウグイ達がエサを探してか、水底をしきりにつついています。
流れの少ない川辺の枯れ草の下あたりを探すとオイカワ、アブラハヤなどがいて、
その群れがいる所より枯れ草が細かい所に、ハヤの子供達とともに小さなパーマークをつけた稚魚たちを発見しました。

思っていたよりも大きくなっていて、大きい固体は4cm以上に育っています。
このまま元気に育って海へ降り、立派なサツキマスになって、またこの川へ帰ってきて欲しいですね。

Photo Date
サツキマスの稚魚:錦川支流 -30cm
Canon Eos 5D markⅡ
水中:EF100mm macro F2.8L IS
風景:EF17-40mm F4L USM


ツチガエル


今日はお昼も遅くなってから、Lemonちゃんと近所の川へ淡水魚を探しに行ってきました。
だけど水が冷たい! 
目的のサカナも見つからず、魚も冬支度か?ほとんど泳いでなく石の下でじっとしている様子です。
そんな石の下で5~6cm程のカエルを見つけました。 
ツチガエルでしょうか? カエルも冬眠の準備のようです。

Photo Date
ツチガエル:錦川支流 -30cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS