2日がかりの産卵

ゴギの産卵

前記事からの続きのゴギのペア。
産卵も近いと思ったが、思いのほかてこづっているようで何度もメスが床を叩いていて、結局、産卵までいたらずに、気づけば日暮れとなってしまった。
翌日に夜明けに前に現地に向着くと、産卵床がそのままだったので2日目の撮影に入り、お昼頃にようやく産んでくれた。
イワナの産卵は2日かかる事も多いみたいで、撮影者泣かせの被写体だ。 

Photo Date
ゴギの産卵:錦川水系 -0.3m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


    • おでっせい
    • 2016年 11月 16日 7:14pm

    こんばんは~

    おーっ!
    今回は、バッチリですね、胃袋まで見えそうです。
    しかし2日がかりとは、御見それしました。爪の垢煎じて飲まないと
    根性欠乏症の私は、1か所で30分以上粘れないな~

    今週、「新とちぎの魚図鑑」なんて本を見つけました。
    ミヤコタナゴがかろうじて生息しているようです。
    いずれ見に行こうかな…

    • おでっせいさんこんばんは!
      なにかこう見ると、ひな鳥が餌をせがんでいるような口に(笑
      できれば一日1ペア、うまくいけば、午前、午後で2ペア狙いたいのですが、難しい所です。

      ミヤコタナゴ是非撮影したいですね! 関東の方は全くなので、撮影する機会あれば、是非に連れて行ってください!
      いずれだと居なくなっちゃいますよ ^^;

  1. トラックバックはまだありません。