朝日とカラフトマス

羅臼の漁火波間のサケ朝日とカラフトマス朝日とカラフトマス

東の端にある知床の夜明けは早いですね。
宿の窓から見える風景はイカ漁が始り漁火が灯っていて、その背景に見えるのは国後島です。
朝日とカラフトマスを撮ろうと、薄暗い時間からカラフトの撮影にいきました。
天気予報は曇り予報でしたがしっかりと朝日が昇り、その光の中をカラフトマスが遡上して、海辺の波間には次に上がってくるサケの姿も見られます。

今年は過去最低の遡上ではと思わせる少なさでしたので、また豊漁の年に訪れて、その大群を撮影してみたいものです。

Photo Date
朝日とカラフトマス:北海道太平洋流入河川 -1m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


    • おでっせい
    • 2014年 9月 26日 9:54pm

    こんばんは~

    改めて気づいたのですが、カラフトマスの尾鰭は結構きれいな模様があるんですね。

    波頭の中のサケですか、私も見てみたいものです。

    • おでっせいさん こんにちは。
      カラフトマスの尾びれはしっかりと模様が入ってますね。
      体色といい綺麗なサケです。
      今回は脛サイズの波と海が穏やかだったので撮影に苦労しました。
      連日地元の方が撮影にこられてモニター写真を見せてもらいましたが、
      天気と波のサイズとうまくあえばすばらしい写真が撮れそうです。

    • サレンダー
    • 2014年 9月 27日 7:57pm

    一枚目の写真みてあっと思いましたが、朝焼けなんですよね。夕焼けの北海道の写真でこういう空の色を撮った記憶あります。

    波間のサケきちんと見えますね。

    オデッセイさんの指摘のように尾鰭も模様入ってますが、背鰭にも綺麗なピンク色が乗るんだなと思いました。

    • サレンダーさん こんばんは。
      ちょうど羅臼は朝日が昇る側なので朝焼けの撮影です。
      しかし夕焼けも同じように撮れるので、見分けづらいですね。
      波間のサケはまた次回、多くの数を撮れるようリベンジ!
      カラフトはピンクサーモンの由縁はこの色なんでしょうね~。

  1. トラックバックはまだありません。